心とこころを響かせて

ユング派の教育分析を受けるカウンセラーが、ユング心理学などをベースに「こころ」や「自己実現」などについて、自分の考えや思いを書き綴っています。

投影

Tale As Old As Time...

1487656931281












美女と野獣公式サイトより】  (こんな部屋に通されたらベルでなくてもグラリと来ます・・・)
 

ディズニー映画 実写版『美女と野獣』。
公開前から話題になっていたとおり、日本でも封切られると同時に大ヒットしているようです。

という私もご多分に漏れず、『美女と野獣』の実写版が制作されていると知った日から年をまたいでずっと、あの暗い特別な空間で大画面を前にして座る日をとても楽しみに待っていました。


そして先日、念願叶い。

今まで、アニメの『美女と野獣』は繰り返し繰り返し観ていましたし、発表されていた実写版の豪華なキャストにも、「えっ、あの役をあの人が!」と、鑑賞前から想像を膨らませていました。

また、後述するように、この映画に関する「自分の思い出」や、昔話としての心理学的意味などについても、 色んな考えや思いが、鑑賞(途中から)後には頭の整理がつかないくらいあれやこれやと湧いてきて、「いっぱいいっぱい」になってしまいました。

観終わってから少し時間が経ってしまったので、既に「いっぱいいっぱい」に湧いてきた思いも、内容と共に詳細を忘れてしまったものもありますが、残っているものについて書き留めておきたいと思います。




『美女と野獣』の物語に私が初めて出会ったのは、ディズニ−アニメ版が公開された後、もう20年以上も前。

当時から映画が大好きだった私は、様々な作品を暇さえあれば観ていましたが、でも
その時は専ら洋画ばかりだったこともあり、ディズニ−アニメには何の関心もなく、そもそも私の中では‟候補"にすら上がっていませんでした。

でも、日本での上映からちょうど3年ほどが経ったとき、
ある方からある日突然、録画されたVHSをいただいたのです。

今考えても、なぜ急にこのビデオをいただいたのか?
なぜこの人からこの作品なのか??
本当に
何の脈略もなく、ある日突然の サプライズギフトだったのですが、
そんなふうに自然な流れで私の元にやって来て、 何の知識もなく 素の状態で観た 『美女と野獣』に、一度ですっかり魅せられてしまいました。


IMG_3725


鑑賞後に行ったTDLで、思わず手を伸ばし衝動買いしたチップのカップ。
VHSビデオデッキは とうの昔に廃棄したため、見ることが出来なくなって久しい、いただいたテープ。
今でも思い出深い宝物です。




ビデオがDVDに換わってからも、何度となくアニメ版を観てきた私ですが、夢分析を受け始め、ユング心理学を深く学ぶようになってからはさらに、『美女と野獣』は私の中で特別な作品となりました。



河合隼雄先生が、‟女性のこころ"の「美女と野獣」について、以下のように説明されています。

父=娘結合を破る男性も、まず最初は怪物として−時には鬼として−認識されるものである。このような話は、いわゆる「美女と野獣」型の昔話として、全世界に満ちているというべきであろう。

怪物としての男性をまず受け容れることによって、それは王子へと変化するのである。


西洋の場合は、もともと人間の男性だったのが魔法によって動物にされており、それが女性の愛によって人間にかえり、結婚というハッピー・エンドで終りとなるのである。


異類婚譚についての解釈を、全体にわたってこころみることにしよう。
己のなかに存在する「自然」(つまり人間の変身したものとしての動物)を通じて、自然との関係を回復しようとのこころみがなされる。

人間の心のなかのこととして言えば、意識と無意識ということに置きかえることができるであろう。


このことを知ってから、『美女と野獣』に魅せられたことも、20数年前に自然に出会ったことも、自分にとっては意味ある出来事になりました。

アニメ版をいただいた当時の自分の状況やプレゼントしてくれた相手、それから長い時を経て分析を受け始め、自分のこころの中の父や野獣(アニムス)の問題と向き合うようになった、それら諸々のことが、あの時(公開3年後に)‟観るべき時に観るべくして観ることになった"、そして今年実写版を‟自分の意志で観に行った"、二つの『美女と野獣』を、独自で特別な、私だけの意味付けを持った価値ある映画作品へと押し上げてくれました。

「布置」を感じられることは、自分の無意識の存在、野獣との関係が変わっていくような、とても素敵で素晴らしいことなのだと心から感じます。




さてここからは、純粋に映画ファンとしての個人的レビュ−を。

先に書いたとおり、観る前から興味津々だったのはそのキャスト。

ガストンがルーク・エヴァンス!
コグスワースがイアン・マッケラン!
ルミエールが
ユアン・マクレガー!
ポット夫人がエマ・トンプソン!



中でも一番ひっかかったのは、ガストン。
過去に、「アラミスやゼウスやバルドやヴラド」を見せてもらった私としては、「あのガストン!」を、ルークがどのように演じるのか、期待と不安が入り混じった「・・・?」な感覚を拭い去ることができませんでした。
        
だって、「今までの」とは容易には結びつかないですから、イメージが・・・。

でも実際に画面でルークのガストンを目にすると、そんな感覚はただの杞憂に過ぎませんでした。

ベルが表現したとおりの男性像「ガストン」そのものでありつつ、でも、ル−ク自身の繊細でスマ−トな印象そのものまでが崩れ去ることはなかった。

調べてはいないけれど、「意図的に体重を増やし、ガッシリ体形を作ったのかな・・・」 と。

とにかくアニメと変わらない、ゴツくて暑苦しいガストンになりきっていた、ルークの幅の広さを新発見できた気がしました。

作中、ガストンの子分に‟三流銃士"が出てきて、私のように思わず笑ってしまった映画ファンの方は少なくないはずですが、本家三銃士ルークのガストンは‟一流"でした。



ガストンだけではなく、どのキャラクタ−も、アニメでの印象が既に強く刷り込まれてしまっていたので、コグスワースもルミエ−ルもポット夫人も、観るまではルーク同様、それぞれの演者たちとの間にイメージのズレがあったのですが、そこはさすがの名優陣。

素晴らしいメイクや衣装の後押しもあり、ラストでやっとご登場の場面では、全く違和感なく、それぞれが物語の人物としてスクリーンの中に生きていました。

エマ・ワトソンは「イメージどおり」、自分の意志をきちんともったブレない美しいベルにぴったりでした。




メイクと言えば、野獣に変えられてしまう前の傲慢な王子は、ケバケバしい化粧をしていて、その素顔が全くうかがえません。

また、野獣から王子様に戻る前には、一度息を引き取ります。


素顔が全く見えないほどの化粧をしなければ(多分)生きられなかった王子が、次には人ではない野獣の姿となり、それからありのままの自分の美しい本当の顔をとり戻すまでに、あれほど長く、醜く、辛い時を過ごさねばならなかったこと。

そして最後の最後、絶望的な状況においてやっと呪いが解けること。

またベルも、野獣と心が通うようになるまでに、父親と引き離される悲しみや囚われの恐怖などの苦難を味わねばならず、それを乗り越えてもなお、野獣が王子様に変わる前に、彼を一度失うといった絶望を体験しなければなりません。


映画の『美女と野獣』の中にもきちんと、昔話としての深い意味、ユング心理学のペルソナ、死と再生、エナンティオドロミアなどの要素が、描かれていました。





ポット婦人の、「こころの奥底に囚われている王子」というセリフがありましたが、その王子は実際に全ての女性の中に存在していて、ベルが成し遂げた「野獣の呪いを解き王子を救う」といった仕事も、(男性には「囚われたお姫様を救う」というテーマの昔話がちゃんとあります)現実の私たち一人ひとりに通じる心の現実であることを知れば、『美女と野獣』の感動を、「自分のこと」としてしっかりと受け止められるようになるのではないでしょうか。


ちなみに原作の「美女と野獣」では、野獣との関係において、ベルが主体的に事を為さねばならないこと(自我の役割)が、暗示的に、でも繰り返し、はっきりと示されています。


美女と野獣 (角川文庫)
ボーモン夫人
角川書店
1992-05






『美女と野獣』の歌詞。

Tale as old as time
True as it can be



そして今日、河合隼雄先生の言葉を引用させていただいた、以前書いたブログ記事「地に足をつけて生きる」でも取り上げた、『昔話と日本人の心』の冒頭に紹介されている一文。

   むかし語ってきかせえ!―
  さることのありしかなかりしか知らねども、あった 
  として聞かねばならぬぞよ―
                                 ―鹿児島県黒島―



ベルの物語が、決してただの絵空事ではないことを、私たちにちゃんと教えてくれています。



こころの距離

thumbcrop







前回記事で触れた、『Dr.倫太郎』、続けて視聴しています。

TVドラマなのであくまでも“フィクション”として観ること、現実との相違があることは当たり前として、それでも、こういった内容の“物語”が今、多くの人の目に触れることはひとつの機会になるのではないかと、個人的にはそう感じながら毎回楽しみに観ています。

 

倫太郎の患者への関わり方など、たしかに色々と突っ込みどころはあるとしても、そういった見かけや設定という外枠のことではなく、本質的な部分で、観ている側の心に何か響いてくるものがあることが「良い物語」の条件であり、それは小説でも映画でもTVドラマでも、同じことなのだろうと思います。

(と言いつつ、一般的にはあまり気づかれないようなところで、実は緻密な作り方がされている場面も見受けられます。例えば、夢乃が一頭の馬を箱庭の中に置いたシーン。その解釈を倫太郎もドラマの中で語っていましたが、それがなぜ“馬”なのかという点にもきちんとした意味が含まれていると、私は思いました。

以前にこのサイトでご紹介した映画『危険なメソッド』の中でも、ユングが自分の夢に出てきた馬についてフロイトと語り合っているシーンがあります。余談ですが、私の夢にも馬が出てきたことがあります。

ユングは自身の論文、『夢分析の実践的使用』において、ある患者の夢の解釈をする上で、“馬”の象徴性について次のように論じています。

「馬」は神話や民話に広く流布する元型である。動物としての非・人間的なこころ、人間に近い動物的側面、つまり無意識を表象する。

これが、民話で馬がときどきヴィジョンを見たり、声を聞いたり、話をしたりする理由である。

家畜としては、馬は母親元型と近い関係にある。

人間よりも下等な動物として、それは身体のより本能的な領域とそこから生じる動物的衝動を表象する。
(後略)

(このドラマの監修に、専門的知識を持った先生方がきちんと携わっておられることが伝わってきます。)

 


上記のような点を読み解いたり再確認したりする面白さがあるのはもちろん、でも何より、このドラマを通じて、現実の臨床現場において新しく話題や議題が提起されたり、「こころの世界」を日頃全く意識していない人たちに、僅かでも何かの興味が生れるとしたら、“倫太郎の物語”はただのフィクションではなくなってくるのだろうと思います。


「こころの世界」は例外なく誰しもが自分の内に持っているものであり、そこを全く無視して生きるよりは、「興味を持つこと、知ること」により、生き方を根本から改善できる可能性が出てくるわけですが、でも実際には、「向き合わざるを得ない状況」に追い込まれてやっと、そこに目を向け始めるケースがほとんどではないでしょうか。

 

ユングや河合隼雄先生が言われている「時」のことを考えると、個々に自分の内に向き合う最適な「時」があって、それは確かに“自然にもたらされるもの”なのかもしれませんが、一方、のっぴきならない状態になって初めて自分の内側に目を向けたその時が、もう手遅れになっていることもあります。

若しくは、向き合うことすらないまま、最悪の結果を迎えることだって十分あり得ます。

追い込まれてから知るのでは、もう遅すぎる場合が実際にあるのです。

 

だから“今”、知っていこうとすることだって、それは、誰にとってもその人なりの意味が出てくるのだろうと思います。

“今”既に、「こころの世界」から大きな影響を知らず知らず受けていて、自分でも全く気付かないうちに、その影響によって何かしらの生きづらさを抱えている人も決して少なくはないはずです。

もっと言えば、無意識からの影響を全く受けずに生きている人なんて、この世には存在しないからです。


もちろん、闇雲に知ろうとする必要はないし、“面白半分”で続けられるようなものでもありませんから(倫太郎の言葉を借りるとすれば、遅かれ早かれ“覚悟”が必要になってくると思います。)、あえてそんなことをしなくても、平穏無事に毎日を送れているのであればそれに越したことはありません。

ただ、何かで行き詰っている場合、その原因が外側の世界ではなく、自分の内側にあるのかもしれないと気づくことによって、本当に「変わり始める」第一歩になる場合は少なくないのです。


 

ドラマを通して気になった点をもう一つ。

ここまでの放送で、夢乃にしろ、倫太郎にしろ、その他倫太郎の患者たちにしろ、良きにつけ悪しきにつけ、「母と子」の関わりが深く浅く、色んなパターンで描かれています。

人格が形成され、それが維持されるうえにおいて、母が子に与える(与えた)影響の大きさと深さが、暗喩的にドラマの中でも表現されています。


心理療法の世界では、「親子」の関係を無視して進むことはまず有り得ないわけですが、(来談した際の主訴が始めは全く違うことであっても、一定期間面接を続けていれば、どこかの時点で必ず“親”のことが出てきます。やはりそこが“ベース”なのです。)

ひとりの人が一生を生きていく上において、それほど、親(特に母親)から受けた影響は大きいのだと、学問的にはもちろん、自他の体験を通して、納得せずにはいられません。

そしてその影響の大きさと深さに、100%気づけている人はまずいないと思います。

河合隼雄先生曰く、「井戸掘り」をしなければ、それはなかなか気づけるようなものではないからです。

 


『Dr.倫太郎』を通じて、何か「こころの世界」に興味が湧いて、現実のケースなり心理学の知識なりを、個々が自分で色々と(是も非も含めて)探索していくきっかけになれば(心理学に関する良書も色々と出ていますから、その気になれば、自分の興味の度合に合わせて、いくらでも“知識”を取り入れていくことはできます。知識から、実際の「井戸掘り」に入っていく場合もあると思います。推薦図書については、改めて記事にしたいと思います。)、“日野先生”の功績は、フィクションの枠を超えたものになってくるのでしょう。



さて、倫太郎と夢乃の二人には、この先、さらに新たな展開が待っている感じですね。

転移は起こらない方がやりやすいと思います。起こってしまう場合にそれを取り扱うことは、なかなかむずかしいことです。よほどカウンセラーが体験と訓練をつんでいなければできないことです。


カウンセリングというのは厳しい関係です。クライエントは自分の力で立ち上がるといっていますが、自分の力で立ち上がることほど、人間にとって厳しいものはありません。


私は「あなたは他人の深い問題を聴いていながら、どうしてつきまとわれないのだ」と聞かれることがあります。(中略)強さがカウンセラーには必要です。

よほど自分を知っているつもりでも、転移と逆転移のなかに知らず知らずのうちに巻きこまれていくような事柄が起こるわけです。


いわば、素人の喜びそうな恋愛に似たような感情というものが、ほとんど愛と関係のないものだということを知れば知るほど、そういうこと(陽性転移)があまり嬉しくなくなります。端的にいって、深いけれど親しくない関係、親しくないが、それゆえにこそ深い関係に入りこめるという事実をよく知るべきです。


クライエントからの陽性の転移に喜んでしまって逆転移を起こし、そのために、そこから逃げ出るための無用の苦しみをクライエントに与えてしまうことは、カウンセラーとして厳しく自戒せねばならぬところです。


たしかに逆転移をあまりにも恐れていては、カウンセリングはできません。「傷つくことによって癒す」ことは治療の根本とさえいえます。しかし、カウンセラーとしても、自分を一人の生きた人間として、その弱さや力の限界を知るかぎり、限界を破ることの恐ろしさをあくまでも心にとめておくべきです。


われわれは限界を守ったためにうまくゆかないにしても、たかだかクライエントにしばらく恨まれる位がおちですが、限界を破ったために生じる誤ちはクライエントの命を奪うことにさえなりかねないのです。


クライエントとカウンセラーの深い関係が確立し、クライエントの力も強いときは、限界の問題に神経質になる必要はありません。少し位の限界を破っても、それによってクライエントが強い転移を起こすこともありませんから。


転移の問題は非常に複雑で困難なことです。カウンセリングにおいては、カウンセラー個人の人間としての限界があることは大切なことです。

カウンセラーは、(中略)自分の限界をよく心得ておくべきです。

                                             【河合隼雄】


「境界を超えても、自分は戻ってこれる」と言っていた倫太郎。

これからその実力の見せ場となるのか、自身への過信と無防備さを悔やむことになるのか。

学びにしつつ、見届けつつ。

これからの放送も楽しみです。


【参考文献】
アンソニー ストー 『エセンシャル・ユング―ユングが語るユング心理学 [単行本]』 創元社(1997-02)
河合隼雄 『カウンセリングの実際問題 [単行本]』 誠信書房(1970-08-10)

現代の寓話

file1651271036162












子どもの時、母によく映画館に連れて行ってもらったことが影響しているのか、
私は昔から映画が
大好きで、今でも気になる作品が出たときには、でき得る限り映画館に足を運んで鑑賞するように
しています。

特に心理の世界に飛び込んでからは、「ただの娯楽」ではなくなってしまい、時には映画鑑賞に
"義務感"すら持っているときがあります。

こんな話をすると、?と思われる方もいるかもしれませんが、実際ここ数年は、「観たい!」という
100%純粋な欲求よりも、「これは観ておくべきかな」と"感じて"、行くことのほうが多いのです。

そして事前に"感じた"ことがドンピシャで、鑑賞後には映画の内容を超えた、個人的にとても大きな
ものを得ることもままあります。
それは、シンクロニシティ、無意識への"確信"が、私の中で揺るぎない経験値となって積み重なって
いくことにつながっています。


また、映画館で映画を観るということ自体、私にとってはどこか、カウンセリングにも通じるような気が
しています。
その時間、その場所は、限定された「非日常」の別世界になるからです。



河合隼雄先生も、「いろんな体験をすることがカウンセラーとしての勉強となる」と、ご自身の著書の
中で語られています。
「心理学の勉強だけするのではなくて、小説や神話や児童文学を読んだり、映画を観たり、
そういうことがみんな関係してくる。」と。


また、晩年フロイトにも師事し、あのニーチェや詩人のリルケなど、著名な思想家たちに大きな影響を
与え、波乱万丈、まさに"個性"を生きた魅惑の女性、 ルー・アンドレアス・ザロメも、「映画」について
このように語っています。

たとえそれ(映画)が単に表面的な娯楽にすぎないとしても、それは映像やフォルムや印象の
富でわたしたちの感覚をゆたかにしてくれます。
上記著者のH・F・ペータースはこのことについて、「彼女は、しだいに単調になってゆく労働が内面的な疲弊の原因となって、もっと需要の多い芸術型式がもはや大衆の要求をみたしえなくなった世界に
おいて、映画は大きな未来をもつであろうと予言した。」と書いていますが、前記のルーの言葉といい、
私も
本当にそうだと思います。
少なくとも、私にとってはルーの「予言」は的中しています。

ルーが生きた時代とは比べ物にならないほど、現代の映像技術は革新を遂げ、今や架空の世界すら映画の中では違和感のない「現実」になっていますし、なにより映像に限らず、そこで展開される
物語は、観ている側に疑似体験として迫ってきて、ルーの言ったとおり、
「わたしたちの感覚をゆたかにしてくれ」るからです。


昇華の作用だけ取り上げてみても、それは、とても意味のあることではないでしょうか。
(たとえば、ホラーやサスペンスといった作品が決して廃れないことも、そういった作品が負っている
ものは大きいような気がします。)




さて、つい先日もある作品が、まさしく私の感覚を豊かにしてくれました。

『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』

(またなんと意味深なサブタイトルでしょうか!)

この作品だけでも、表現したいことが山ほど出てくるのですが大要だけ。

インタビュー映像の中で、アレハンドロ・G・イニャリトゥ監督は、「観客にはこの作品を、主人公リーガンの目を通して体験してほしい」、そして「小さな"バードマン"は誰の中にも存在する」と語っています。

また主人公を演じた マイケル・キートンは、「彼は精神を病むと同時に、自己実現の機会を得たんだ。」とも語っています。(すごい!)

『バードマン』への評価は、この二人の言葉(の意味)に共感でき、映画を観ることで実際に自分の目を通して「体験」できるかによって、大きく分かれてしまうのかもしれません・・・。

ラストシーンについてのみ、私なりの解釈を。
私は、リーガンは新しい鼻をつけ(ペルソナを得て)、20年間くすぶり続けていた日々と"バードマン"に別れを告げ、新しい世界に羽ばたいていったんだと思います。
そしてその新たな道の途上で、更なる自己実現に向けて、別の"バードマン"に出会うこともあるのかもしれません。
リーガンの旅はまだ終わっていない、今から「新しい舞台に立つ」と信じたいと思いました。



最近気になった作品をもう一つ挙げます。
といってもこちらは映画ではなくTVドラマです。

先週から日テレで、『Dr.倫太郎』というドラマが始まりました。
観られた方もいらっしゃるのではないでしょうか。

私は、このドラマが始まることを直前にたまたま知り、「精神科医が主人公」、「脚本が中園ミホさん」という点にアンテナが立って、第一回放送を視聴しました。
中園ミホさんが過去に書かれたドラマ、『ドクターX』では、ちょっと面白いことがあって、実は自分の分析でも取り上げたことがありました。)

そして、久しぶりに"連続"ドラマを観ることに決めました。

第一回放送内容だけでも考えさせられる点があり、個人的にはストーリーに強い関心が湧いたので
少し調べてみたところ、原案となった著作があるようです。


セラピューティック・ラブ [単行本]

今のところ読む予定はありませんが、上記の内容紹介をチラ見したところ、どうも「転移と逆転移」
の話になっていくのかな、という感じです。


ドラマの中で、倫太郎は逆転移について、「自分にはあり得ない」という自信をチラつかせながら雄弁に語っている場面がありましたが、今後、自我(頭)ではコントロールできない強烈なこころの渦に
巻き込まれていくのかもしれません・・・!?


「倫太郎の物語」に沿って、私も色々と感じたり考えたり、勉強できればなと期待しています。


心理療法というのは、単なる人生相談ではなく、人間の心の深いところにまで入りこんで
いきますから、下手にやると、クライエントはおろか、治療者もおかしくなってしまうことにも
なりかねません。

それだけ危険をともないますので、そういうことを避けるためにも、現実的でセレモニー的な枠を
はめておく必要があります。        


自分なりの枠組みをもっていないと、心理療法家のほうがまいってしまいます。
しかも、人の役に立ちたいという思いが強い人ほど、このことに気をつけなければ
ならないでしょう。          

                                      【河合隼雄】





「倫太郎の物語」に沿って、精神分析やカウンセリング、こころの世界に関する認知が広がることも
期待しています。




現代の寓話は、決して色あせない文字の独特の世界とは別に、素晴らしい映画やドラマの中でも、
息づいているような気がします。




Archives
記事検索
最新コメント
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

メッセージ

名前
メール
本文
My library
お勧め本と映画の紹介です

ブクログ
livedoor プロフィール
Ranking
ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ