心とこころを響かせて

ユング派の教育分析を受けるカウンセラーが、ユング心理学などをベースに「こころ」や「自己実現」などについて、自分の考えや思いを書き綴っています。

壁の向こう

今日は全くの思いつきで書きはじめています。
(ので、前回記事に続く内容ではありません。それはまた後日きちんと書くつもりです。)

先日、今公開されている、『進撃の巨人(後編)』を観てきました。
前編も合わせてこの実写版の映画には、原作との相違点など、賛否両論、様々な評価が
なされているようですが、私見としては、少なくとも後編のシキシマ隊長のセリフには、
いくつかピピッと反応してしまうものがありました。
(映画の端々に"神話" が盛り込まれていた気がします・・・)


私は今春初めて、原作のコミックをレンタルで10巻ほど一気に借りて読んでいました。
(都合上、実はそこで読むのは止まってしまっていて、続きを読んでいないので未だ
ストーリー全体を把握しきれていないのですが・・・。でも、折を見て必ず読み進めていこう
と思っています。)

この作品の存在自体は、数年前にどこからか見聞きして知ってはいたものの、実際に手に取って読む
機会はないままでした。

しかし、今年に入ってある時期に、立て続けに『進撃の巨人』に関する"偶然"が重なって、
「これは・・・」と感じ、不明瞭だけど"明確な動機づけ" を持って読むことに決めました。
(コミックをショップでレンタルしたこと自体、初めての体験です。でも、そこまでしても「読もう」と思えました。)

そして、そのような経緯で読んだ『進撃の巨人』は、やはり色々と深く考えさせられる内容で、
ヒットしているのも何だかうなずける気がしました。

私も含めて、「多くの人の心の琴線に触れるものがあるのだろうな」と実感したのです。



・強固な壁が「人」を守ってくれている。

・壁の向こうには、まともに戦っても太刀打ちできない、本能のままに生きている恐ろしい
「巨人たち」がいる。

・巨人と人は実は「同一の存在」である。


その他、細かい点を挙げればまだまだありますが、とにかく、この漫画を読み、実写版の映画で
壁が壊され、巨人たちに攻め込まれたあのシーンを目の当たりにしたとき、私の頭には、以前
このブログでも取り上げた
、河合隼雄先生の著書の一節とイメージ像が浮かんできていました。

これ(無意識の像)を見ると、われわれもこの像のあまりにも偉大なことに圧倒されそうになる。

無意識界から顕現してきたこの像のとほうもない大きさは、彼(イメージを生み出した男性)に
畏怖の感情を体験させたに違いない。

彼がいかに意識的に合理的に生きることに大きい価値を見いだしてきたにしろ、
それは無意識の偉大さの前には、ただ怖れてひざまずくよりほかないのである。



上記の偉大な無意識像と巨人との違いは、表現としての"高低差"のみのような気がします。



しっかりとした壁に守られていたからこそ、"日常"を生きることができていたエレンたち「人間」は、
ある日突然、強固な壁が壊されたことで、雪崩のように攻め込んできた「巨人たち」に、
文字通り"飲み込まれ"、混乱、混沌の世界に一気に突き落とされてしまいました。

その「エレンたちの世界」を、私たちの「こころの世界」に置き換えてみると、作中の人物たちが
味わった恐怖のイメージが、じわじわと体感を伴って実際に身体に感じとれる気すらします。



意識の壁が大きく損傷し、無意識が次々となだれ込むようなことになってしまうと、
私たちはどのようになってしまうのか。

壁が壊される時は来るのか。それはいつなんどき訪れるのか。
壁の中だけが"世界"だと思っている限り、決して予測できるものではない。
それどころか、その危険性にすら気づけない。

壁の外には、大きな未知の世界ととてつもない存在が居ることを、やはり私たちも「知って」
おかなればならないのだと思います。
「ブタヤマさん」で居続けるのではあまりに無防備です)


そして、エレンやシキシマのように、たとえ「巨人になっても」同一化することなく、
「私」を保つことができる強さを、持っていなければならないのだと思います。



映画の中で、知恵の木の果実、"林檎"をかじっていたシキシマは、"壁の外に出てしまった"
自分の宿命に気づいていたのだと、彼自身のセリフからも感じとれました。
でもだからこそ、巨人になっても完全に飲み込まれることも、同一化することもなく、
「私」を保つことが出来ていたのでしょう。

一方、まだ巨人と自分の関係に気づけていなかったエレンが、「自分を失わなかった」のは、
あくまでも「天性」の為せる業だったような気がします。

そして何より、一番恐ろしいのは、「自覚のないままに巨人になってしまうこと」なのだと、
改めて強く感じました。




壁の外には、ただただ恐ろしい巨人たちが存在しているだけではなく、エレンたちが憧れた
未知の世界が広がっています。

だから、何も知らないままで一方的に攻め込まれるのではなく、河合隼雄先生の言葉どおり、
あくまでもこちら側から、自らの手で、自覚をしつつ門を開けて一歩を踏み出すことができれば、
その未知の世界から得られる尊いものも必ずあるのだと思います。

もちろんそれは、「人」として、戻るべき壁の中にきちんと帰ってこられればの話ではありますが。


「僕たちはいつか・・・外の世界を探検するんだろ? この壁の外のずっと遠くには・・・炎の水や
 氷の大地 砂の雪原が広がっている。
  壁から一歩外に出ればそこは地獄の世界なのに どうしてエレンは外の世界に行きたいと
  思ったの?」

「どうしてだって・・・?そんなの・・・決まってんだろ・・・ オレが!!   この世に生まれたからだ !!」

                                               『進撃の巨人』



まず自我を相当に強化し、その強い自我が自ら門を無意識の世界に対して開き、
自己との相互的な対決と協同を通じてこそ、自己実現の道を歩むことができる。
                                               【河合隼雄】




私は、原作の漫画からも、実写の映画からも、"それぞれに"受け取れるものがありました。

やはり「こころの世界」と、映像や絵や文字で表現される「物語の世界」はとても深く結びついていて、
その生き生きとした豊かなイメージをもって大事な役目を果たし、いろんなことを私たちに気づかせて
くれようとしているように思われます。

そして現代においては、その役割を「漫画」もきちんと請け負ってくれているんですね。

現在のマンガには、ユングのいう内向的感覚機能に頼って描かれているものがあると
感じられる。
つまり、現在において理解されなかったり、認められなかったりする心の機能をはたらかせる
ことによって、現代人にひとつの衝撃を与えているのである。
                                              【河合隼雄】


『巨人』はまさに衝撃でした・・・。




私の夢にも何度か"巨人"が登場したことがありますが(もちろん『進撃の巨人』を読む前からです)、
多分、そのような夢の体験談を持っている人は、決して少なくはないはずです。

誰の心の中にも住んでいる存在、それが巨人なのだと、私はそう感じています。




さて、最後にこちらのユングの著作を。
「巨人の恐怖」について、心理学的な考察を深めることができる名著です。
とても重厚な内容です。




勇気を持って休むことも必要



前回の記事で、「努力は必要」と書きました。

 でも今日のテーマは、うって変わって「休むこと」についてです。
 
打てない時にこそ、勇気を持ってなるべくバットから離れるべきです。
勇気を持ってバットから離れないと、もっとこわくなるときがあります。
そういう時期にどうやって気分転換をするかは、すごく大事なことです。                                                                                                             (イチロー)

前回記事では、「こんなに苦しいのは自分だけか」というほど、見えないところで努力していると
ご紹介したイチロー選手。

でも一方、バットから勇気を持って離れること、「気分転換」の必要性もちゃんと心得ていて、
しかもそれが「すごく大事なこと」と言っています。


現実の世界で果敢に前に進むべき(努力すべき)時と、
内側の世界(こころ)にじっくりと向き合うべき時。

あれだけの選手ともなれば、どちらも必要だということを、
感覚的に理解しておられるような気がしました。


これは私の話ですが、外側の世界に意識が集中しているときは、比例するかのように、
夢をあまり見なく(覚えなく)なります。

かと思えば、寝ても寝ても眠くて、自分でもどうしたんだろう?と思えるほど、
体が休みたがるときに、思い切ってやるべきことを止めて、しっかり睡眠を取ると、
意味深い夢を立て続けに見ることもあります。


そういえば、河合隼雄先生も、ご自身の著書でこのように書かれていました。
 
私は、ふだん忙しくしているときにはほとんど夢を覚えていませんが、スイスへ行って
もう一度、分析を受けてみようかなと思っていると、不思議と夢をよく覚えているものです。

それは、ちょっと外的なことを捨てているからでしょう。
 
外のこともいろいろやりながら、さらに夢もみよう(覚えていよう)というのは、
なかなかむずかしい感じがします。                                                                                  【人の心はどこまでわかるか】


意識を、自分の内面に向けることによって、こころの世界のメッセージも受け取りやすくなるようです。

外的にバリバリやりながら、内面のワークもどんどん推し進めるというのは、
やはり少し難しいような気がします。


 私自身、寝ても寝ても眠い時などは、外的には「止まっている」ように見えていても、
「内面の世界」では色々と事が進んでいると感じられる場合もあります。

こういうときは、決して何にもしていないわけではなくて、
見えないところではすごくパワーを使っているのだと、佳代先生にもご指摘を受けました。


だから、こういう時は「休む時」と決めて、覚悟を決め腰を据えて、じっくりと休んだ方がいいのです。

そして、心のエネルギーが充電できれば、現実の世界でもパワーを
存分に発揮できるようになるでしょう。

この時こそ、思い切り努力する。

心が安定しているのだから、パワーもすぐに枯渇することなく、どんどん出てきます。

そして、思わぬアイデアやひらめきも浮かびやすくなっているはずです。


外側でどんどんアクションを起こしていくか、静かにじっくりと内側に向き合うか。

そのタイミングとバランスを的確に判断できれば、結果的に、現実の世界で、
本当の実りを手に入れることが実現しやすくなると思います。

 
まず、体をゆっくり休めて、野球がやりたくなるまで待ちます (イチロー)

抜きんでた成功者であり、ヒーローでもあるイチロー選手。

 肉体だけではなく、メンタルの自己管理も、素晴らしいようです。

それが自然に出来ているからこそ、あれだけの成績を維持し続けられるのではないのでしょうか。


「休むこと」「立ち止まること」

スピード社会ではついつい敬遠されがちだからこそ、あえて、
「やってみないと」いけないのかもしれませんね。


**************************

ブログのデザインを変えてみました。 少しのことでも、気分転換はできますね。                



             “あなたの一押しが、更新の励みになります”
                人気ブログランキングへにほんブログ村メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ

「夢分析」の実際

ブログネタ
『夢』について語ろう! に参加中!
今日は前回のつづきです・・・。

例の湖の夢を含む、初めての「夢分析」を受けたとき、私はまだユング心理学についての知識を全くと言っていいほど、持ち合わせてはいませんでした。
ですので、あの湖の夢について、佳代先生に提出した夢日誌の中で、私はこのような感想をつけていました。

 「まず思ったのは、なぜ女優Aと男優Bが出てきたのか?ということ。
夢を見る前日に2人を何かで見たわけでもなく、特にファンでもないのに、なぜ2人が夢に出てきたのかが疑問。どんな意味があるのか・・・?
あと、泥水を見た時はぞっとした。目が覚めた後でも『あれは私の心の汚い部分が現れたのだろうか・・・』と気になった。しかし最後は美しい湖に変わっていたので、それは何だか嬉しかった」
 と、こんな感じでした^^;

ちなみに、女優Aと男優Bというのは、実在の俳優さんです。
感想に書いたとおり、何でこの2人が夢に出てきたのか、その時の私にはさっぱり見当がつきませんでしたし、汚い泥水についても、前述したようなイメージしか持てず、ちょっぴり落ち込み気味でした
とにかく、この夢にどんな意味があるかなんて、一人でどれだけ考えても、全く分かりませんでした。

さて、そんな私が、佳代先生とのセッションでこの夢をどのようにとらえることができたのでしょうか・・・。 こんな具合です

まず先生は、女優Aについて、私がどんな印象を持っているか質問されました。
私は、思いつくまま、自分のイメージを語りました。
そして今度は、男優Bについての印象を聞かれたので、同じくその時感じられた自分のイメージを語りました。

・・・で、その後私はこのように佳代先生に教えていただきました。
 「女優Aはあなたの中にある人格の一部分ですよ。
今、その女優の印象を話してもらいましたが、それはまさに、“あなた自身”なんです。
そして、男優Bについても、『まだ発見されていない』あなた自身で、きちんと統合できていないあなたの人格のイメージです。
しかも特別な男性性のようですね。」

この佳代先生の言葉を聞いて、「えー!そうなんだ」と驚くと同時に、お話を聞いていながらも、何だかドキドキしてきました。
だって、2人とも「私自身」だなんて、当時の私は、自分一人で逆立ちして考えたって浮かんでくる発想ではなかったんですから。

「夢分析」とは何ぞや?と思われている方には、このエピソードは新鮮ではないでしょうか?
多分、当時の私と同様、なかなか自分だけでは思いつかない“解釈”だと思うのです。
勿論、ユング心理学や夢分析の知識をお持ちの方には、「納得!」のお話だとは思いますが・・・。

そしてとても大切なのは、先生が、2人についての印象を私に“語らせて下さったこと”なんです。
そのワーク自体に深い意味があるのです。

今まで何度も書いてきたように、「夢」ってとっても奥深いのです。
夢はまだ自分の知らないこと、気づいていないことことを、とても「分かりにくく(これが厄介なところですが・・・)」伝えようとしてくれています。
もちろん、これはわたしだけではありません。
みなさんが見ている夢も、どれ一つとして無駄ではないと言っていいほど、その意味はちゃんとあるはずなんです。
私がまだ(意識で)知らない私の未来をはじめ、無意識は何でも知っています。
無意識のメッセージを受け入れ、協働して人生を歩むことができれば、それはとても有意義な生き方ですし、ユングもその大切さを説いています。

・・・何だか、今日書きたかったことから、どんどん脱線してしまいました(^^ゞ

さて、湖の夢に話を戻して、 “あなたの中にいる人格が2人?” “「女」なのに(ツインズママですから(^^))「男性性」の人格?” と疑問に思われた方には、湖の夢の意味の続きと一緒に、次回以降ご説明したいと思います。



応援クリックです! いつもありがとうございます(^^)    ↓     
                               ブログランキング・にほんブログ村へ

シンクロにつながった私の夢 ‐1‐

過去の記事で、深層心理学的に見た夢の意味や、前回の記事では、シンクロニシティ(共時性)について書いてきましたが、今日は実際に私に起きた共時性(心に思い浮かぶ事象と現実の出来事が一致すること)について書いてみたいと思います。

以下は、私が約1年前ほど前に見た夢です

「湖に女優Aがいて、対岸に向かって湖に飛び込み泳ぎ始めた。
私は、彼女が泳いでいる顔の目の前で見ているというアングルで、彼女を見守っていた。
彼女が泳ぎ始めて初めて気づいたが、湖の水はねっとりとした泥水で、彼女は必死の思いで、手足を動かしていた。
私はそれを見て、『よくこんな水の中を泳げるな。すごいな。』と感心すると共に、『どうか溺れずに泳ぎ切って!』と願っていた。
しかし当の本人はへこたれる様子もなく、対岸まで泳ぎ切った。
するとそこには男優Bが待っていて、今度は二人揃って元の岸に向かって引き返し始めた。
そのときには、あのひどい泥水だった湖が、美しく澄んだ湖水に変わっており、しかも二人はほとんど飛ぶようにして、(水の表面に軽く触れるぐらい)あっという間に元の岸に戻っていった。」

・・・さて、皆さんがこの夢を見たとしたら、どんな解釈をされますか?

実はこの夢は、“佳代先生”に初めて夢分析をしてもらう際、夢日誌のトップに書いたもので、その意味でも私にとって印象深い夢の一つだったのですが、これから数か月経ったときに、少し・・・いいえ、私にとってはかなり驚くシンクロにつながりました。

次回以降、この夢を見た時の私の解釈と、佳代先生からいただいた解釈、そして別の夢をもう一つ、それからどんなシンクロにつながったのかについても、書いていきたいと思います


応援クリックです! いつもありがとうございます(^^)    ↓        
                                ブログランキング・にほんブログ村へ
Archives
記事検索
最新コメント
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

メッセージ

名前
メール
本文
My library
お勧め本と映画の紹介です

ブクログ
livedoor プロフィール
Ranking
ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ