心とこころを響かせて

ユング派の教育分析を受けるカウンセラーが、ユング心理学などをベースに「こころ」や「自己実現」などについて、自分の考えや思いを書き綴っています。

アニムス

Tale As Old As Time...

1487656931281












美女と野獣公式サイトより】  (こんな部屋に通されたらベルでなくてもグラリと来ます・・・)
 

ディズニー映画 実写版『美女と野獣』。
公開前から話題になっていたとおり、日本でも封切られると同時に大ヒットしているようです。

という私もご多分に漏れず、『美女と野獣』の実写版が制作されていると知った日から年をまたいでずっと、あの暗い特別な空間で大画面を前にして座る日をとても楽しみに待っていました。


そして先日、念願叶い。

今まで、アニメの『美女と野獣』は繰り返し繰り返し観ていましたし、発表されていた実写版の豪華なキャストにも、「えっ、あの役をあの人が!」と、鑑賞前から想像を膨らませていました。

また、後述するように、この映画に関する「自分の思い出」や、昔話としての心理学的意味などについても、 色んな考えや思いが、鑑賞(途中から)後には頭の整理がつかないくらいあれやこれやと湧いてきて、「いっぱいいっぱい」になってしまいました。

観終わってから少し時間が経ってしまったので、既に「いっぱいいっぱい」に湧いてきた思いも、内容と共に詳細を忘れてしまったものもありますが、残っているものについて書き留めておきたいと思います。




『美女と野獣』の物語に私が初めて出会ったのは、ディズニ−アニメ版が公開された後、もう20年以上も前。

当時から映画が大好きだった私は、様々な作品を暇さえあれば観ていましたが、でも
その時は専ら洋画ばかりだったこともあり、ディズニ−アニメには何の関心もなく、そもそも私の中では‟候補"にすら上がっていませんでした。

でも、日本での上映からちょうど3年ほどが経ったとき、
ある方からある日突然、録画されたVHSをいただいたのです。

今考えても、なぜ急にこのビデオをいただいたのか?
なぜこの人からこの作品なのか??
本当に
何の脈略もなく、ある日突然の サプライズギフトだったのですが、
そんなふうに自然な流れで私の元にやって来て、 何の知識もなく 素の状態で観た 『美女と野獣』に、一度ですっかり魅せられてしまいました。


IMG_3725


鑑賞後に行ったTDLで、思わず手を伸ばし衝動買いしたチップのカップ。
VHSビデオデッキは とうの昔に廃棄したため、見ることが出来なくなって久しい、いただいたテープ。
今でも思い出深い宝物です。




ビデオがDVDに換わってからも、何度となくアニメ版を観てきた私ですが、夢分析を受け始め、ユング心理学を深く学ぶようになってからはさらに、『美女と野獣』は私の中で特別な作品となりました。



河合隼雄先生が、‟女性のこころ"の「美女と野獣」について、以下のように説明されています。

父=娘結合を破る男性も、まず最初は怪物として−時には鬼として−認識されるものである。このような話は、いわゆる「美女と野獣」型の昔話として、全世界に満ちているというべきであろう。

怪物としての男性をまず受け容れることによって、それは王子へと変化するのである。


西洋の場合は、もともと人間の男性だったのが魔法によって動物にされており、それが女性の愛によって人間にかえり、結婚というハッピー・エンドで終りとなるのである。


異類婚譚についての解釈を、全体にわたってこころみることにしよう。
己のなかに存在する「自然」(つまり人間の変身したものとしての動物)を通じて、自然との関係を回復しようとのこころみがなされる。

人間の心のなかのこととして言えば、意識と無意識ということに置きかえることができるであろう。


このことを知ってから、『美女と野獣』に魅せられたことも、20数年前に自然に出会ったことも、自分にとっては意味ある出来事になりました。

アニメ版をいただいた当時の自分の状況やプレゼントしてくれた相手、それから長い時を経て分析を受け始め、自分のこころの中の父や野獣(アニムス)の問題と向き合うようになった、それら諸々のことが、あの時(公開3年後に)‟観るべき時に観るべくして観ることになった"、そして今年実写版を‟自分の意志で観に行った"、二つの『美女と野獣』を、独自で特別な、私だけの意味付けを持った価値ある映画作品へと押し上げてくれました。

「布置」を感じられることは、自分の無意識の存在、野獣との関係が変わっていくような、とても素敵で素晴らしいことなのだと心から感じます。




さてここからは、純粋に映画ファンとしての個人的レビュ−を。

先に書いたとおり、観る前から興味津々だったのはそのキャスト。

ガストンがルーク・エヴァンス!
コグスワースがイアン・マッケラン!
ルミエールが
ユアン・マクレガー!
ポット夫人がエマ・トンプソン!



中でも一番ひっかかったのは、ガストン。
過去に、「アラミスやゼウスやバルドやヴラド」を見せてもらった私としては、「あのガストン!」を、ルークがどのように演じるのか、期待と不安が入り混じった「・・・?」な感覚を拭い去ることができませんでした。
        
だって、「今までの」とは容易には結びつかないですから、イメージが・・・。

でも実際に画面でルークのガストンを目にすると、そんな感覚はただの杞憂に過ぎませんでした。

ベルが表現したとおりの男性像「ガストン」そのものでありつつ、でも、ル−ク自身の繊細でスマ−トな印象そのものまでが崩れ去ることはなかった。

調べてはいないけれど、「意図的に体重を増やし、ガッシリ体形を作ったのかな・・・」 と。

とにかくアニメと変わらない、ゴツくて暑苦しいガストンになりきっていた、ルークの幅の広さを新発見できた気がしました。

作中、ガストンの子分に‟三流銃士"が出てきて、私のように思わず笑ってしまった映画ファンの方は少なくないはずですが、本家三銃士ルークのガストンは‟一流"でした。



ガストンだけではなく、どのキャラクタ−も、アニメでの印象が既に強く刷り込まれてしまっていたので、コグスワースもルミエ−ルもポット夫人も、観るまではルーク同様、それぞれの演者たちとの間にイメージのズレがあったのですが、そこはさすがの名優陣。

素晴らしいメイクや衣装の後押しもあり、ラストでやっとご登場の場面では、全く違和感なく、それぞれが物語の人物としてスクリーンの中に生きていました。

エマ・ワトソンは「イメージどおり」、自分の意志をきちんともったブレない美しいベルにぴったりでした。




メイクと言えば、野獣に変えられてしまう前の傲慢な王子は、ケバケバしい化粧をしていて、その素顔が全くうかがえません。

また、野獣から王子様に戻る前には、一度息を引き取ります。


素顔が全く見えないほどの化粧をしなければ(多分)生きられなかった王子が、次には人ではない野獣の姿となり、それからありのままの自分の美しい本当の顔をとり戻すまでに、あれほど長く、醜く、辛い時を過ごさねばならなかったこと。

そして最後の最後、絶望的な状況においてやっと呪いが解けること。

またベルも、野獣と心が通うようになるまでに、父親と引き離される悲しみや囚われの恐怖などの苦難を味わねばならず、それを乗り越えてもなお、野獣が王子様に変わる前に、彼を一度失うといった絶望を体験しなければなりません。


映画の『美女と野獣』の中にもきちんと、昔話としての深い意味、ユング心理学のペルソナ、死と再生、エナンティオドロミアなどの要素が、描かれていました。





ポット婦人の、「こころの奥底に囚われている王子」というセリフがありましたが、その王子は実際に全ての女性の中に存在していて、ベルが成し遂げた「野獣の呪いを解き王子を救う」といった仕事も、(男性には「囚われたお姫様を救う」というテーマの昔話がちゃんとあります)現実の私たち一人ひとりに通じる心の現実であることを知れば、『美女と野獣』の感動を、「自分のこと」としてしっかりと受け止められるようになるのではないでしょうか。


ちなみに原作の「美女と野獣」では、野獣との関係において、ベルが主体的に事を為さねばならないこと(自我の役割)が、暗示的に、でも繰り返し、はっきりと示されています。


美女と野獣 (角川文庫)
ボーモン夫人
角川書店
1992-05






『美女と野獣』の歌詞。

Tale as old as time
True as it can be



そして今日、河合隼雄先生の言葉を引用させていただいた、以前書いたブログ記事「地に足をつけて生きる」でも取り上げた、『昔話と日本人の心』の冒頭に紹介されている一文。

   むかし語ってきかせえ!―
  さることのありしかなかりしか知らねども、あった 
  として聞かねばならぬぞよ―
                                 ―鹿児島県黒島―



ベルの物語が、決してただの絵空事ではないことを、私たちにちゃんと教えてくれています。



王子様と結ばれるには-2-

話が前後しますが、「つぐみの髭の王さま」に登場するお姫様は、望まぬ結婚をさせられ、お城まで追い出されて、それまで味わったことのない貧しい暮らしに身を落とすことになります。

でもこれこそ、“ほんものの幸せ”への第一歩となるのです。


お姫様は、「こんなことなら、あの時(求婚者の)王さまと結婚しておけばよかったわ!」と悔やむのですが、時すでに遅しです。

そして、この段階での姫の反省はまだまだ本物ではないのです。


(以下は河合隼雄先生の著書から抜粋)

アニムスの発展の過程がこの段階で停止している女性は、偽りの反省の名人である。彼女は常に現状に満足できず、「ああすればよかった、こうすればよかった」と反省しているかのように見える。
しかしそれが真の反省でない証拠に、彼女はそれによって自分が責任をもって生き方を変えようとはしない。
まだまだ、お姫様の苦難の旅は続くようです。


その後、お姫様は大きな屈辱を味わい、すっかり自信をなくしていきます。
高慢ちきの鼻はだんだんと低くならざるを得ないようです。

アニムスと真の対話をつづける人は、自分の無能さを嫌というほど思い知らされる。  アニムスにいかれている人は他人の無能さが嫌というほど目に見える。
 とても意味深い文章です・・・。


物語の中で、大きな屈辱を味わい、だんだんと自信をなくしていくお姫様ですが、途中ほっと一息つける場面もあります。

お姫様だって苦難の中、少しずつ成長していく過程で休息もないと、辛いことばかりでは本当に壊れてしまいかねないですよね。


でも、その束の間の安らぎも、またしても突然壊されてしまいます。更なる苦難の始まりです。


そして実は、束の間の安らぎを与えてくれたのも、それを壊しにやってきたのも、同じ“アニムス”の力によるのです。

“その時”を見極め、正負の場面を用意するのが、無意識(アニムス)なんですね。


こうしてお話が進み、物語も終盤、お姫様が最後の階段を登りきるためには、痛烈な卑小感を味わわねばなりません。

このときのお姫様の言葉です。

「わが身の不運が思われて心もくらくなり、自分をこんな身分にひきずりおろし、貧乏のどん底にまでつきおとした、われとわが身の増上慢(ぞうじょうまん=自己を過信して思いあがること)を呪う」

人をあざけり笑い物にしていたお姫様が、このときには「われとわが身の増上慢」を心から悔やんでいます。
もう誰のせいにもしていません。
お姫様はようやく、本物で純粋な反省の境地に至ったようです。


そしてこのときにこそ王子様が登場して、大どんでん返し(相互反転)が起こるのです。
幸せな結婚をもって物語の幕が閉じるのです。

彼女はひたすら苦しみに負けず生きてきたのだが、今はその意味を知ることができたのである。



ご紹介してきた「つぐみの髭の王さま」のお話を始めとして、ユング派ではおとぎ話はおとぎ話にあらず、これらは私たちの人生(こころ)そのものを表すとして分析しています。

視点を変えて、自分や誰かにこのお話を当てはめてみると、「なるほど」と何かに気づくことがあるかもしれません。


今感じている苦しみが、「必然のプロセス」だと捉えることができれば、心の重荷もほんの少し軽くなるのではないのでしょうか・・・。


〈参考文献〉 「昔話の深層」 河合隼雄著 講談社



                          ありがとうございます♪    
                         にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ 人気ブログランキングへ



 



王子様と結ばれるには -1-

さて、前回の続きです。

お姫様の苦難は実は「仕組まれた」ことだったのですが、それは一体誰が図ったことだったのでしょうか・・・。

この童話を知っている方、またユング心理学に通じておられる方は、既にご存じだと思いますが、そうです。
全ての試練は、最後の場面でお姫様を救い出した「王子様」による謀(はかりごと)だったんです。


つぐみの髭の王さま(王子様)はこう言います。
「おまえを愛すればこそのお芝居で、すべてはおまえの高慢ちきの鼻をへし折り、そのおごりたかぶりを戒めるためにたくらんだことなのだよ。」と。

それを聞いたお姫様は涙を流しながらこう答えます。
「本当に私が悪うございました。わたしなぞ、あなたの奥方になる資格はございません。」

昔の高慢な態度はすっかり姿を消し、何とも従順なお姫様に変容されています。

そのお姫様の言葉を受けた王子様は、
「安心おし、いまわしい日々は過ぎ去って、今度は二人してわれわれの結婚を祝うときだ。」

こうして、ようやく“ほんものの喜び”が始まったのです・・・。

このようにして、物語は幕を閉じます。


前回も書きましたが、昔から語り継がれてきた神話や童話には、「人のこころの成長や人生について」の真実が秘められています。

ですから、この「つぐみの髭の王さま」の物語も、決して絵空事ではなく、深層心理学的に検証すれば、私たちの人生そのものを表す重要な鍵があるのです。


ではここからは具体的に、お姫様にどんなアニムスの力が働いていたかを、河合隼雄先生の著書から引用してご紹介します。


まず、求婚者を次々にバッサリと“切って”しまうお姫様は、既に自身のアニムスの影響を受けています。

「アニムスの切断する力は強く」、その力が強くなると、「女性は俄然意見を主張し始めます。」

「感情にとらわれて正義を曲げることはできないと確信している」アニムスの力は強いのです。

そんなアニムスの力の影響を受けているお姫様が、求婚者を切り捨てていくのは当然とも言えるのですが、「結果として彼女は人から切り離された孤独を味わわねばならなくなる」のです。

それは勿論辛いことなのですが、
「しかし、このような体験は、女性が自分の自我をつくりあげてゆくときにどうしても、ある程度経験しなければならぬことである。」

と河合先生は述べられています。

これがアニムスを背負うことの苦しみとなるわけですが、でもこの苦難を通じてこそ、女性がより高い自我へと引き上げられるわけです。

どの女性の内奥にも存在するアニムス(男性性)。

このアニムスが肯定的にはたらくときにこそ、女性はより創造的に生きることができるようになります。

でもそうなるには、アニムスとの闘いは避けては通れないのです。

「アニムスにとりつかれるのでもなく、アニムスを誰かに投影するのでもなく、自分の心のなかに存在するものとして、それと対話をつづけることによって、女性の自己実現がなされるわけである。」

その過程を「つぐみの髭の王さま」は語っていると、河合先生は指摘されています。


職場や家庭などで、周りの人となぜか衝突ばかり起こしてしまう女性がいたとしたら、もしかしたらご自身のアニムスの影響を受けているのかもしれません。

「芽が出ている」アニムスの力を、肯定的なものにしていくには、自分との対話が必要です。

「あの人(他人)がおかしいのだ。私は悪くない。」と言い続けているばかりでは、自分の内側に住む素敵な王子様と結ばれる日は、まだまだ遠いのかもしれません・・・。


次回も引き続き、「王子様」についてのお話です



                          ありがとうございます♪    
                         にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ 人気ブログランキングへ

王子様に出会うためには 

かなり日が経ってしまいましたが、前回に引き続き、女性の内にある男性性の
「アニムス」についてです。

今までに書いたアニムスの内容だけを取り上げると、「別にそんなしんどい思いまでして、アニムスとやらに意識を向ける必要なんてないじゃない」という結論に至ってしまうのが、通常の感覚ではないでしょうか。

誰も好き好んで“いばらの道”なんて、通りたくないですよね


でも“いばらの道”を通るからこそ、手に入る宝があるわけです。
・・・というより、そこを通り抜けない限り、絶対に宝は手に入らない。
やはり、「本当に大切なものを手に入れる」ためには、そうそう楽な道は用意されていないようです。人間は「苦しむからこそ」、本当の意味で「目が覚める」のではないのでしょうか。
これは、心理的な話だけではなく、どんな分野でもある意味認められる、一つの「真理」だと私は思います。
(まさに、『艱難汝を玉にす(苦労や困難を堪えてこそ立派な人間になれる)』)ですよね)


では、そのアニムス、もう少し想像しやすい話題で取り上げてみたいと思います。

ユング派では、心理学的見地からの神話や童話についての研究も盛んに行われてきました。
気の遠くなるような昔から、語り継がれてきた神話や童話の中には、「人のこころの隠された真実」が秘められているというわけです。

昔話については、また今後少しずつ触れていければと思っていますが、今日はアニムスをテーマにした物語を一つ取り上げてみます。

「つぐみの髭の王さま」というグリム童話です。

この中に登場するお姫様は、とても美しいのですが、同時にひどく気位が高くて高慢なのです。
その性格ゆえに、求婚者をみんなバッタバッタと切り捨てていくのですが、勿論そんな都合の良いことがいつまでも続くわけはありません。
高慢ちきな鼻をすっかりへし折られるようなひどい目に、これでもか、これでもかといった具合で遭わされていきます。・・・で、最後にひどい辱めを受け、すっかり素直で謙虚なお姫様になったところで王子様が出てきて、大どんでん返しが起こり、めでたしめでたしと物語は幕を閉じます。

さて、このお姫様の苦難は、実は「仕組まれた」ことだったんです。それは、一体誰が?何のために?


では、この続きはまた次回に・・・。
(次はあまり間を空けずに書きます(>_<))


                          ありがとうございます♪    
                         にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ 人気ブログランキングへ

私の内の「厳しい」彼

女性は、その性の特徴である「感情的・情緒的・母性的な優しさ」の、外的根本態度に対して、無意識内には「論理性や強さ」が補償作用として集積されています。

これらが、夢でイメージとして現われるときに、人格化されて固有の「男性像」として登場します。これがいわゆる“アニムス”です。

この女性が内に秘めているアニムスは、ロゴスの原理を強調するもので、アニマ同様、その発展は4段階に分けられています。

このアニムス、女性が自分自身の人生に「肯定的に」取り入れていくことは、前回の記事でも書いたとおり、なかなか大変なようです。

アニマの特性が他人との協和であるとしたら、アニムスの特性は「鋭い切断の能力」といえます。差を明確にし、正誤の判断を下すこの能力は、一歩間違えば相手を容赦なく刺し殺す、“恐ろしいだけ”の剣になってしまいます。

どんなふうに相手を(往々にしてその相手は“男性”であることが多いようです・・・)「やっつけて」しまうかは、現代では職場や家庭内など、実際に至るところで見受けられるような気がします。


ユングはこのように言っています。

アニムスと対話を5分も交わせば、いかなる男性も自分自身のアニマの犠牲になってしまう。おびただしい常套句、場違いな決まり文句、新聞や小説から引用した陳腐な言葉、使い古された平凡な文句が俗悪な論理の誤用や欠如に入り混じって出てくることに呆然とさせられるだろう。こういった会話は、その参加者が誰であるかに関わりなく、世界中のあらゆる言葉で何百万回となく繰り返されてきた会話であり、いつも本質的な点で何ら変化のない会話なのである。



女性にアニムスで武装して挑んでこられると、対する男性は「まあまあ、そう言わずに・・・」と、アニマで応戦することになってしまう場合の方が、確かに多いようです。


このように、アニムスに“取りつかれて”しまった女性は、本来持っていたいわゆる「女らしさ」を失ってしまい、(それは決して失くしてはいけない)根本の“女の命”を切り刻むことになってしまいます。

そして、そういう女性を多くの男性が敬遠するのは、やはり自明の理ともいえるでしょう。


でも、それでもやはり、女性が自分の本当の「自己実現」の道を歩もうとするならば、このアニムスの面を無視してはいけないんです。

河合先生曰く、「女としての命を失う危険性と、男性からの強烈な反対によって著しい困難を伴う」その道は、やはりいばらの痛みを避けられない、ギリギリのところを、忍耐強く通っていかなければならないようです・・・。

 
話は変わりますが、世間でみられる「夫婦喧嘩」も、実は「アニムスとアニマ」の対決であることが多いようです。

実は「内側同士」で喧嘩をしているのであれば、そこ(自分の内側)に目を向けないと、いつまで経っても問題は解決しないのかもしれません。


次回も引き続き「アニムス」について書こうと思います。



                         最後に一押しお願いします♪    
                         にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ 人気ブログランキングへ

女性が挑むべき「いばらの道」

前回までは、「男性の無意識に存在する女性性」=アニマについて書いてきましたが、今日からは「女性の無意識に存在する男性性」であるアニムスについて書こうと思います。

ユング心理学研究で有名な、河合隼雄先生も、山中康裕先生も、共に口を揃えて言われているのは、「女性が自身のアニムスを受け入れることは、男性がアニマを取り入れるよりも困難な道のりである」ということです。

それは、なぜでしょう?

河合隼雄先生はこのように言われています。
「一般の男性は、女性がアニムスに目覚めることを好まない。実際、女性のなかにはアニムスにまったく気づかなかったり、完全に抑圧したりしているひとがあり、これらの女性は個性がないという点において、男性のアニマの投影を受けるのに最適であり、この意味において多くの男性から愛されたり、ちやほやされたりする。このような女性は、ほかの女性から見れば、個性がなくて頼りない、どこがいいのかわからぬ女性に見え、それが男性の間に人気が高いのが不可解に思えるものである。同性から見るとつまらないひとが異性にもてたりする秘密は、このような点にも存在している。」

山中先生はこの点をもう少し砕いて、分かりやすく説明されています。
「アニムスを受け入れて、こころの成長に目覚めた女性は、男性の目には自分以上の立派な人間として映り、御しづらい存在となります。これは男性にとってはも面白くないことです。反対に、アニムスに気づかず、女としての意識だけしかない女性は、男性には扱いやすい存在となり、かわいがられます。特に美人でもなければ仕事ができるわけでもないのに、なぜか職場の男性からちやほやされる女性などは、こういったタイプが多いようです。」


両者のご意見とも、なかなか辛口の点もありますが、でもそこには真実も含まれていると個人的には思いました。そしてそれは、先生方のお立場であればこそ公言できた真実なのでしょう。

一昔前に比べ、「男女同権」が日本でもあちらこちらで叫ばれるようになり、実際様々な場で、女性の地位向上は確実に見られるようになってきました。そして逆に、男性が(女性的な役割であった)家事や育児に参加したり、女性的な仕事とされていたことに従事することも多く見受けられるようになってきました。

しかし、一見受け入れられているように思われる女性の(職場等での)地位向上に、心の内側では「・・・?」と思われている男性も、まだまだ少なからずいると私も感じたことが、近い過去に何度かあったのも事実です。
そして他にも、例えば共働き家庭に至っては、妻である女性に、(仕事+)家事・育児の負担が大きくのしかかっていることは、昨今のデータでも明らかにされています。

このような理由からなのか、やはり、女性が自身の内の異性である「アニムス」を取り入れていくことは、男性がアニマを取り入れるよりも楽ではないようです。

河合先生はこのようにも述べられています。
「人間の幸福ということを単純に考えるならば、女性としてはアニムスの問題などに気づかぬほうが、はるかに幸福といえるだろう。」

ジェンダーフリー」の問題を始め、男女の性差については現代でも大きなテーマですが、深層心理学的にはやはり、自身の異性を無視しては、こころの成長は計れないのです。女性にとっては、それが「いばらの道」だとしても・・・。

ここで、山中先生の“女性へのエール”をみなさんにも
「自立の道を歩む女性にとっては、何かと不公平がつきまといますが、『艱難汝を玉にす(苦労や困難を堪えてこそ立派な人間になれる)』ともいいますし、負けずに頑張ってもらいたいものです」

自身の「アニムス」に気づいてしまった女性は、やはりそこから逃げてはいけないのです。先の人生を豊かにしていくためにも、そして何より「アニムス」の逆襲から逃れるためにも・・・。


次回は、「アニムス」がどんな作用を女性に及ぼすのかについて、もう少し詳しく触れていこうと思います。



                        クリックありがとうございます♪
                         にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ人気ブログランキングへ

Archives
記事検索
最新コメント
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

メッセージ

名前
メール
本文
My library
お勧め本と映画の紹介です

ブクログ
livedoor プロフィール
Ranking
ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ