先日、ある紙面からこんな“タイトルと背景のイラスト”が目に飛び込んできました。


新版 精神分析入門 上 (角川ソフィア文庫)
新版 精神分析入門 下 (角川ソフィア文庫)
新版 精神分析入門 上 (角川ソフィア文庫)  
新版 精神分析入門 下 (角川ソフィア文庫)


別の出版社から出ている、同じ、フロイトの「精神分析入門(上下巻)」の
表紙はこちら。


精神分析入門 (上巻) (新潮文庫)精神分析入門 下 (新潮文庫 フ 7-4)
精神分析入門 (上巻) (新潮文庫)
精神分析入門 下 (新潮文庫 フ 7-4)



ちなみに、私はどちらの著書も実際に手に取ったことはないので、
“中身”の訳文について書評を期待される方は、これ以上読まないでください(笑)。
(既に上記の本を読まれた方がおられましたら、逆にぜひレビューをお願いします)


あくまでも私が興味をひかれたのは、フロイトの「精神分析入門」という、
一般的には固いイメージのタイトル本の表紙には不釣り合い?とも思える、
いわゆる“萌えキャラ”的な、可愛くて美しい男女のイラストが描かれていた点です。

もちろんこれ、売り上げを伸ばすための戦略として、
出版社が意図的におこなっているわけですが、
確かに「おっ!?」と気を引かれますよね。

「“精神分析”だなんて、何だか固くて難しくて怪しそう・・・。」
というイメージを持っておられる方も、まずは本を手に取ってみようという気に
なるのではないでしょうか。

そして、その中のページをめくってみると、
「夢の顕在内容と潜在思想」などの言葉が並んでいるそうです。


夢やおとぎ話に出てくる、うっとりしてしまうほどの素敵な異性。
ユング心理学でいうところの、
男性であればアニマであり、女性であればアニムスという、
誰にでも存在する無意識内の重要な彼や彼女。

フロイトの本なのだけれど、表紙の“萌えキャラ”の二人が、
どうもそのお姫様や王子様像とも重なって見えてしまい、
上下本に対になって描かれている点にも、何かザワめいたものを
感じてしまうのは、私だけでしょうか・・・。


○●○●○●○●○

早速アマゾンで購入してみようかと検索したのですが、
こんな本も見つけてしまいました。

世界神話事典 創世神話と英雄伝説 (角川ソフィア文庫)
世界神話事典 創世神話と英雄伝説 (角川ソフィア文庫)
クチコミを見る

気の多い私。
迷った挙句、結局この神話事典のほうを購入してしまいました。
楽しい内容がありましたら、またブログで綴りたいと思います。


最後に余談として。
今日ご紹介した「角川ソフィア文庫」からは、デカルトの「方法序説」や、
アランの「幸福論」といった哲学書も、“萌えキャラ”表紙で出版されているそうです。
心理学や哲学をはじめ、古典文学を扱っている文庫だそうですが、
その名称に使われている“ソフィア”とはギリシア語で「叡智」を意味し、
あの上智大学の「上智」もここから名づけられている、とても意味深い言葉です。
そして、ユングが大変興味を持ったといわれている、「グノーシス神話」に出てくる、
転落した女神の名前でもあります。
私たちのこころや精神というものに深いつながりのある“ソフィア”についても、
いつか書いてみたいと思っています。

                 
               にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ