心とこころを響かせて

ユング派の教育分析を受けるカウンセラーが、ユング心理学などを ベースに、 自分の考えや思いを書き綴っています。

心とこころを響かせて イメージ画像

私の思い

この度の未曾有の震災では、多くの方が被災され、今なお、過酷な状況下におられることと思います。特に突然の惨事で、ご家族やお知り合いを亡くされた方の心情を思うと、私自身、過去に身内を急に亡くした経験があるだけに、言葉もありません。心からお悔やみ、お見舞い申し

Wうつ ~うつが、ふたりを本当の夫婦にした。~ 著者:萩原 流行 販売元:廣済堂出版 (2009-06-30) 販売元:Amazon.co.jp クチコミを見る (※このご著書は対談とは関係ありません) 雑誌インタビューのお話をいただき、 先週、俳優の萩原流行さんと対談させていただ

前回の記事で、「ゲゲゲの女房」について書きましたが、今日も引き続きです。私が、水木しげるさんの奥さま“武良布枝さん”の自伝本、『ゲゲゲの女房』を購入したのは、テレビドラマを観始めて1週間も経たないうちでした。そして、本が届くなり、一気に読み終えてしまいま

Blizzard./Y0$HlMl 先日の記事で、「止める、手放す」ことについて書きました。今の私は意識的に、出来るだけ、「やりたいことだけやる」「やりたくないことはすぐ止める」を心がけています。と言っても現実は、人とのつながりの
『他人の評価はどこ吹く風』の画像

少し前に、私は思い切って“止めた”ことがあります。この決断を自分で下すまでには、数日間どうしようかと色々考えました。私が止めた「それ」は、条件さえ整っていれば、出来れば続けたいことでした。でも、・その条件が満たされなくなった。・「それ」よりもっと自分にと
『しなくても済むことはすぐ止める』の画像

先日、自身のコーチングセッション中に、マイコーチから、「少し言ってもいいですか?もしかしたら、耳に痛いことかもしれませんが・・・」と切り出されました。その言葉に、当の私はというと、マイコーチが、気を配ってこのように前置きしてくださった優しさを感じつつ、で
『耳に痛いこと』の画像

↑このページのトップヘ