心とこころを響かせて

自己を知るワークを続けているカウンセラーが、ユング心理学などをベースに、自分の考えや思いを書き綴っています。

心とこころを響かせて イメージ画像

ユング心理学

前回の記事で、「人は人との関係によって癒される」と書きました。このことは真実であると、私は思っています。事実、例えばカウンセリング系のグループワークなどは色々あります。こういう場では、同じような境遇により、同じような痛みを負った人たちが集まり、思いを共有
『基本は「自分自身」』の画像

Constellation /ユング心理学の概念のひとつに、「コンステレーション(布置)」と呼ばれているものがあります。これは、「一つ一つの事柄や状況が、それだけでは何の関係も意味もなしていないようであっても、あるとき、それらが一つのまとまりとして、全体的な意味を示して
『コンステレーション(布置)』の画像

Big Tree / vitroid 今日、webでおもしろいニュースを見つけました。                           ↓ これって偶然?テレサ・テンとエルビス・プレスリーの生死に奇妙な数字の一致―台湾メディア - 速報:@niftyニュース. (※この記事はすでに削
『不思議な偶然』の画像

本当の正義というものは、決して恰好のいいものでは無いし、そしてそのために必ず 自分自身も深く傷付くものです。                      『やなせたかし  アンパンマンの原作者』 やなさたかしさんが、どのような意図でこの言葉を言われたかは知
『正義ばかりでは傷つく?』の画像

以前の記事(『自分を知る』ことの難しさ)で、無意識が我々に“秘かに”及ぼしている作用について少し触れましたが、今日は、「意識と無意識」について、少し詳しく取り上げてみようと思います。 カール・グスタフ・ユングによると、人間のこころの中心には、「自己(ゼル

“夢と映画がシンクロした” あなたはこの話を読んでどう思われたでしょうか? 「たまたまだろう!」 「記憶違いでは?」 「そういうことって不思議だけどあるだろうなー」 色んな捉え方があるでしょうが、でもこの出来事は、「たまたま」でも「記憶違い」でもないん

以前書いた記事の続きがそのままになっていましたので、今回から取り上げていきたいと思います。 (興味のある方は、以前の記事を先にお読みください) この「湖の夢」を見た数ヵ月後、ある印象的な夢(B)を見ました。もちろん日誌に書き留め、分析も受けました。 ただそ

ブログup、1カ月以上も間が空いてしまいました・・・。 内的ワークに意識を向けていると、事がなかなか思いどおりに進まないこともありますが、無意識からのメッセージを受け入れ、それに従うためには、“委ねる”ことも必要なようです。 (“時の流れに身を任せ”の歌のタ

今日は、年末・年始とお休みしていた「夢分析」の続きを・・・。(12.10のブログ) 12.19のブログで、夢の悪魔の正体は「私自身の焦り」であったと書きましたが、これは佳代さんとの分析の結果、分かったことでした。 毎回のセッションでは、いくつかの夢について取り上げ

前回の続きです・・・。 結論から言うと、夢に出てきた悪魔の正体は、私自身の「焦り」だったのです。 この夢を見たときの私は、仕事や勉強など、あれもこれもと手を出しすぎていました。 「ツインズが保育園に入ったら・・・」と、自分の中でずっと延ばし延ばしにしてき

↑このページのトップヘ