星野富弘詩画集カレンダー2012年版
星野富弘詩画集カレンダー2012年版


先日、とても胸に響く素敵な一文を見つけました。

「辛いという字がある。もう少しで、幸せになれそうな字である。 (星野富弘)」


この言葉を見つけたとき、「わー、本当だ」と、正直感動しました。

どちらも、今まで生きてきた中で、いろんな場面でよく目にした文字なのに、

こんなに似た形をしていたなんて、全く思いもしませんでした。

本当、「辛」に横線を一つ足しただけで、「幸」になるんですね。


「どうして今まで気づかなかったんだろう・・・」

少し考えてみました。

やはり、これら二つの漢字が意味する内容、受け取るイメージが真逆であることから、

この二文字の(字画という)類似点に、全くアンテナが立っていなかったんだと思います。

要するに、「意識したことがなかった。」

そういうことだと感じました。



カウンセリングやコーチングでも、結局目指しているのはこのような、

「気づけていないことに気づく」 「意識化する」

ということだと、私は考えています。


変わらぬ環境、変わらぬ状態の中でも、自分の気づけていないことに気づくことができれば、

その人の思いに大きな変化が現われます。

例え、「“辛くて”、八方ふさがりで、もう自分の力ではどうしようもない」と、

大きな絶望感に苛まれるような困難にぶつかっていたとしても、

ほんの少しのきっかけで、

「まだ希望が持てる。もしかしたら、“幸せ”にだってなれるかもしれない。」

と、全く新しい考え方を手にすることができるようになるんですね。


どんな人でも、その人特有の「メガネ」をかけて、世の中を見つめ、また捉えています。

そこには、親からの影響など、個人の成育歴が大きく作用していますし、

また今回の私の事例のように、いわゆる「先入観」のみで、

物事を判断してしまっている場合もあります。


「辛と幸」については、私が今まで、「意味」という先入見のみで捉えていたから、

二文字の共通点に気がつかずにいた。

見えていたのは一部、「全体は見ていなかった」ということです。



星野富弘さんの素敵な言葉は、

「少し見方を変えるだけで、思ってもみなかった新しい発見が出来る」

ということを、改めて私に教えてくれました。

そして「辛いという字がある。もう少しで、幸せになれそうな字である。」

この一文は、ただ形だけではない、とても奥の深い真実を秘めているような気が強くしました。

何故そう感じたのか。

そのお話はまた次回に・・・。


―といっても、(更新は)多分年明けになると思います。

皆さま、良いお年をお迎えください。



○●○●○●○●○

もう数十年前に亡くなった祖母の自宅には、いつも星野富弘さんのカレンダーがかかっていました。

「これは手足の不自由な画家さんが、筆を口に持って描いたものなんだよ。」

と私に説明しながら、

「手足が使えないのに、こんなに素晴らしい絵を描く人がいる。

この絵を見ていると、とても慰められる。」

と、普段は気丈な祖母が、しんみりと語っていたことを久しぶりに思い出しました。

・・・少し胸がジーンとしてしまいました。

          
          にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ人気ブログランキングへ