先日ご結婚された、英国王室のウィリアム王子とキャサリン妃。

キャサリン妃のたおやかな美しさと、ウィリアム王子の妃殿下に向けられる優しい眼差しが、

本当に素敵でした。


そんな式の様子をマスメディアを通じて拝見する中、私はあることも気になりました。

それは、ウィリアム王子の紋章です。
  
   220px-Coat_of_Arms_of_William,_Duke_of_Cambridge_svg(ウィリアム王子の紋章)



元々、イギリスの国章にはライオンとユニコーンが描かれており、

ライオンはイングランドの象徴、ユニコーンはスコットランドの象徴だそうです。
  
    250px-Royal_Coat_of_Arms_of_the_United_Kingdom_svg(イギリスの国章)


   
ちなみに、ウィリアム王子の紋章には3つの赤いホタテ貝が描かれていて、

これは、母であるダイアナ元皇太子妃、スペンサー伯爵家の紋章からとっているそうです。

(画像が小さくて見えにくいですが、レイブルの3つの垂れの真ん中、ライオンとユニコーンの首下にも
一つずつ、赤いホタテが描かれています。)



紋章学については知り得ていないのでこれ以上は触れませんが、

「ユニコーンとライオン」。

これについてはユングが、錬金術や各地の宗教や伝統におけるその象徴的意味について

論じています。



まず、ユニコーンとライオンは共に、錬金術における「メルクリウス」の象徴であると

ユングは言っています。


「メルクリウス」の変容性と多様性は錬金術の根本表象でありますが、それゆえに、

その象徴が意味するところを、一言で「こんなもの」と説明し解することはた易くはありません。

個人的には、ユングが「メルクリウス」について延べている、次の内容がイメージしやすいと

思われますので挙げてみます。


「メルクリウスは(錬金術でいうところの、すなわち無意識の)作業(オプス)の

始めに位置し、終りに位置する。

メルクリウスは原初の両性具有存在ヘルマプロディトスであり、一旦は二つに分れて古典的な

兄−妹の対の形を取るが、最後に「結合」において再び一つに結びつき、「新しい光」すなわち

「賢者の石」という形態をとって光り輝く。

メルクリウスは金属であるが同時に液体でもあり、物質でもあるが同時に霊でもあり、

冷たいが同時に火と燃え、毒であるが同時に妙薬でもあり、

『諸対立を一つに結びつける対立物の合一の象徴なのである。』」

心理学と錬金術 (2)
著者:C・G・ユング
販売元:人文書院
(1976-10-01)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


   
「メルクリウス」は、いわゆる我々の無意識、心的世界の一つの表象といえます。

ちなみに、ユニコーンやライオンの他にも、鳩、鹿、鷲、龍などなど、

メルクリウスの同義語はいくつもあります。

それにしても、「金属であり同時に液体である」とか、「物質でもあるが同時に霊でもある」とか、

「冷たいが同時に火」、「毒であり同時に妙薬」・・・。

“何だそれ?”と首を傾げたくなりますね。

でもこれ、「無意識」というものをよく表しているのです。


私は夢分析(夢は無意識の産物です)を受けていますが、いわゆる無意識世界の内容を

理解することは、メルクリウス同様、一筋縄ではいかないなと実感しています。

あちらが示してくる内容は、本当に多義的で、個人によってもそれぞれ違いがあります。

だから、「メルクリウス」のモチーフがこれだけ多岐にわたることも、なるほどと頷けます。


ユニコーン自体、「キリストであり、悪魔である」という両義的な意味を持つようです。

「一角獣はもともと怪奇な空想動物であって、それゆえ内的な対立を、そしてまた

『対立の結合』を内包しているのである。」(ユング)

また、

「ユニコーンは獰猛な恐ろしい動物であるが、処女の懐に抱かれる(胎内に入る)ことにより、

穏やかになる」という伝説もあり、処女(マリア)と一角獣が描かれている絵画が

いくつも存在しています。


前記しました、ウィリアム王子とイギリス国章に描かれているユニコーンは、

金色の鎖で繋がれていますが、これもユニコーンが危険な生き物であるからとのこと。

一方中国においては、一角獣は麒麟として表され、四足の動物の内で最高の存在とされており、

立派な皇帝や偉大な賢人の誕生の際に現われ、傷つくと禍いの前兆であるとされています。

あの孔子が誕生する前には麒麟が現れ、その死の前には麒麟が傷つけられる事件が起こったと

伝えられているそうです。

聖なる存在であると同時に、恐ろしい怪物でもあるというのが、ユニコーンなんですね。


メルクリウスも、最低の形態と、最高の形態を兼ね備えています。


そして、我々の内にある無意識も同様に、素晴らしいものであると同時に、

恐ろしいものでもあるのです。

善−悪、明−暗など、あらゆる対立を内包しているのが無意識であるという論は、ユング思想の

根幹をなすものです。


「神性の力は単に精神において顕現するばかりでなく、人間の内部および

外部の自然の狂暴な獣性においても顕現するのである。

神性は、人間が自然との関係にある限りアンビヴァレントなものであり、二つの顔を持つ。」 (ユング)


私たちは、内側にあるこの対立物を結合させることによって、

「『新しい光』すなわち『賢者の石』」

を手に入れることができます。



さて、最後に、ウィリアム王子のご結婚へお話を戻します。

故ダイアナ元皇太子妃がご結婚された様子を、当時子供だった私は、

母と一緒にテレビで視た記憶があります。

そしてその後、私も未成年で母を亡くし、結婚して、今は親になりました。


ウィリアム王子とキャサリン妃が結ばれ、新しい家庭を築かれていくこと。

ダイアナさんも喜んでおられるでしょうね。

この度のロイヤルウェディング。なぜか私も嬉しいのです



          人気ブログランキングへにほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ