前回記事でご紹介した、辞職の決断をされたBさん。


実は、カウンセリング後わずか数日で、

職場の上司に、きちんと辞職願をお伝えになられたそうです。


「カウンセリングを受けるまでは悩んだ末、連絡を取らせていただき、

セッションを受けさせていただいたのですが、

今、不思議と心を強く持てており、受ける前と今では、違う自分になれています。

そして、ちょうど昨日直々の上司に話をしたところでした。」


このようにご報告いただきました。



自分の本当の思いと取り巻く現状。


セッションを通して、これらを客観的に見つめなおしたことで、

それまで足踏みされていたことに対して、

“心を強く持ち”、

迅速に、望む行動を起こされたBさん。


それ自体変化のない状況(環境)であっても、

見方や考え方、いわゆる「捉え方」を変えることで、

私たちはBさんのように、自らの力で行動変容することが可能になるわけです。



私はただ、「カウンセラー」という立場で、お話をうかがっていただけです。

しかし、カウンセリングという非日常の空間で、

じっくりとご自身の気持ちに向き合ったからこそ、

Bさんは、一歩を踏み出す“起爆剤”を、自ら手に入れられたのだと思います。



“辞職”の2文字をいつもどこかに抱えながらも、

あまりにも忙しい毎日の中で、数年を過ごしてきてしまったと、

セッションでは語られていました。


しかし、この度、「避けられない出来事」が起こり、

詳細は前回の記事を

ご自分の本当の思いに、向き合わざるを得なくなった。

もう、自分の気持ちをごまかしながら続けていくことはできない。

ある意味、そこまで「追い込まれた」と言えるかもしれません。



でも、だからこそ、

“逃れられない転機”が、“新しい局面”が、

訪れたと考えることはできないでしょうか?



実は、「生涯キャリア発達理論」に分類される、

ナンシー・k・シュロスバーグ
の理論では、

「人生はさまざまな転機の連続から成り立っており、

それを乗り越える努力と工夫を通して、キャリアは形成され、開発される。」

とされています。

しかも、この転機

予期しない出来事」が重要であるとのこと。



シュロスバーグ以外にも、ハンセンの理論や、

それこそ、ユングの「コンステレーション(constellation)」も、

それらが意味するところが何なのかと、

個人的にはおもわず考えられずにはいられなくなります。



私たちはやはり、

「何か」(それは、ユング心理学では“無意識”となるわけですが)

に導かれながら、(自我では見えないけれど)

「進むべき道」を進んでいるのではないのかと・・・。




      人気ブログランキングへにほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ