先週の土曜日、日帰りで出雲大社の神在祭に行ってきました。

ここ数年は毎年、神在祭に家族で詣でているのですが、日帰りは今年が初めて。

昨年までは、前泊して朝から参拝していたせいか、休日でもそれほど人が混んでおらず、
比較的ゆっくりと参拝できていたのですが、今回、土曜のお昼に到着してみると、人、人、人の波!

拝殿、本殿はもちろんのこと、手水場、境内外の摂末社(せつまつしゃ)にも
ずらりと行列ができていて、どうしようかと、一瞬途方に暮れてしまいました・・・。


(まだまだ後ろに長い行列が続いています)
111 152   111 151


でも少し考えてみれば、日本全国の神さまが集まる由緒ある神在祭に、
多くの参拝客が訪れるのは当たり前?のことで、
「考え甘かったねー」と、スケジュール自体に問題ありとちょっぴり後悔。

ツインズがいくつもの行列に耐えられるはずもなく、主要なところだけは頑張ってもらい、
母は後ろ髪を引かれる思いで、来年のスケジュール調整を既に頭の中で考えながら、
境内を後にしました。

“縁結び”で有名なだけあって、若い女性グループも多く訪れていました。
嬉しそうな笑顔で、購入したお札を大事そうに持っておしゃべりしている姿が、とても印象的でした。
良縁に恵まれればいいですね・・・。


(境内のご神域は、森厳さを醸し出していました)
111 153  111 154



出雲大社を後にして、次に向かったのは日御碕灯台。

                  111 161


今までに、日御碕神社(こちらも霊験あらたかな神社です)までは行ったことがあったのですが、
灯台まで足を延ばすことがなかなか出来ずにいたので、今回は灯台へ向かって直行。


駐車場から灯台までの道は、風情ある漁師町といった趣で、
子どもたちも物珍しそうに眺めていました。

111 155 111 157 

111 160 111 159



「日御碕灯台」到着。

 111 166 111 165
 
そして、灯台内へ。
「どこまで続くの?」といった感じの、急で幅狭いらせん階段をひたすら上り、
やっと天辺にたどり着きました。

ちなみにツインズの一人は、足元の抜けた急な階段が途中で恐くなってしまい、
お父さんに抱っこしてもらう始末。
片や相方は、一人でどんどん上がってしまうので、親の方がヒヤヒヤ・・・。


でも、そうして上がった灯台からの景色は最高でした。

111 167 111 168

111 170 111 172


灯台から張り出した回廊には、ぐるりと高い柵があるのでまず落ちることはないのですが、
でもやはり足元を見ると、その高さに少しゾクリ。
参観者の中には、せっかく上がってきたのに回廊に踏み出せず、
中で連れが帰ってくるのを待っている方もいました。

景色を楽しんだ後には、「下りる」という一仕事が。
上部の階段の勾配は特に急なので、子どもたちはそれぞれ親が抱っこして下りました。
途中からは、靴下を脱がして自分で下ろさせましたが(内部は土足禁止)、
とにかく予想外に“階段”が大変でした。(後日、母は筋肉痛に・・・)
でもまあ、それも良い思い出かな。


そして、夕暮れ時の海岸線を走りながら、帰路につきました・・・。

(浜辺と夕日のコントラスト、キレイです)
     111 173

  
                   人気ブログランキングへにほんブログ村 ライフスタイルブログへ