前回の記事まで数回にわたり、「ゲゲゲの女房」を題材にしてきました。
他にも書きたい“材料”はあるし、そろそろ“ゲゲゲ”は卒業を・・・、と思っていたのですが、
今日も援用させていただくことにしました。
やはり、私にとっては“引っかかる”点が多いようです(笑)


3週間ほど前の“朝のテレビ小説”で、
「無為に過ごす」と書かれた張り紙が、(村井家の)家中の至る所で目についたのを、
ドラマをご覧になった方は気づかれたことと思います。

かなり「強調」されていましたよね。

そして、その後の放送でも、この言葉が、画面の隅にチラリと見えたことが幾度かありました。


さて、この「無為」ですが、その意味について、辞書を見るとこのように説明されています。

自然にまかせて、人為を加えないこと。また、そのさま。むい。

一方、中国の思想においては、非常に重要な概念であった、意味深い言葉でもあります。

中国思想における「無為」



ここで少し話は変わりますが、ユングは、中国哲学における“道(Tao)”について興味を示し、
自身が打ち出した「個性化」の概念に通じるところがあると考えていました。


この“道(Tao)”に関して、『分析心理学(みすず書房)』の訳注で、
訳者の小川捷之氏がこのように書かれています。
道とは本来、人の通る路を表わすものであるが、転じて人の道とか芸の道などと、
人の踏むおこなうべき道筋とか、人の拠るべき道理、教え、などを指すようになった。
この「道」の考え方は古来より中国思想の根本的なものをなしている。
特に道家の思想では、天地万物の根源を「道 Tao」と呼び、これが天地に先立って生じ、
すべてのものをあらしめ成り立たせていると考えている。


また、“無為≒道”については、次のように注釈されています。
「道」は「常に無為にしてなさざるはなし」とあるように、人為的なことはせずに、
自然のままにあるその「無為自然」な「道」のあり方が人間や社会のあるべき姿とされる(老子)。
荘子では、この立場がさらに徹底されて、現象や生死を超越して無為自然の道そのものと
神秘的に合一することが理想とされた。


人としての究極の生き方は、「無為自然な道のあり方」であると老子は説き、
そして荘子は、その、「無為自然の道そのものと合一すること」が理想であると説いています。


また、ユングは、荘子の言う“無為自然の道そのもの”について、次のように表現しています。

「正反対なものの完全な結合」
「物事が原初的な状態であると同時に、最も理想的に物事を達成すること」
「永遠に対立し続ける要素の結合」
「葛藤がおさまり、あらゆるものが静止し、もう一度、識別不能なまでの調和した原初的な状態」


「道(Tao)」は、よく陰陽の思想で説明され、それらがひとつになったものであるとされていますが、
これは、ユング心理学でいう「自我と自己の統合」という、究極の目的である
「個性化」の概念に通じるところがあるのです。

  (陰陽対極図)



どちらにせよ、「道(Tao)」も「個性化」も、これは生き方の究極の目的であって、
そこに到達することは、まず無理のようです・・・。
(そこに到達するということは、仏教でいうところの“如来”の境地に至るということです)

でもユングは、「個性化へ向かっていく過程こそが何よりも大切なのだ」といっています。



ここで話を最初に戻して、水木しげるさんが実際に仕事場に貼られていたのであろう、
「無為に過ごす」の言葉。

仕事に追われ、時間に追われていた毎日の中で、忙しさに自分自身を見失わないために、
“あるがまま”の大切さを忘れないよう、その言葉を“目につくように”されていたのかもしれませんね。



今日は最後に、斎藤学先生 の“ツイート”をご紹介します。

「あるがまま」というと容易にわかったつもりになってしまいますが、これが本当に難しいのです。自分の欠点や時には「病気」までそのまま受け入れるということですから。難しい課題で、私もまだ修行中の身ですが、一緒にがんばりましょう。斎藤学


“あるがまま”
本当に難しいことですが、自身の「こころのワーク」を続けながら、
私も頑張っていきたいと思っています。


           “あなたの一押しが、更新の励みになります”
              人気ブログランキングへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ