前回の記事で“感情の抑圧”について書きましたが、
実は、私自身が過去に、かなり自分の気持ちを抑え込んでいる時期がありました。

もう何年も前のことで、今では、

「よく我慢できていたな。
今の私には、それだけの忍耐力はないな。」

などと、笑って振り返られるのですが、
当時は我慢しているのだということすら、明確に自覚できていない状態でした。


その時の私は、理不尽な無理解さの中で、
自分自身を見失いかけていました。

でも多分、表面的には、それほど不安定な状態であるようには
見えなかったかもしれません。

何より自分自身が、“問題がある”ということに、
あまり気づいていませんでしたし、
ただただ、忙しさの中で、流れていくように毎日を過ごしていて、
きちんと立ち止まって、自分の心や感情にしっかりと向き合うことなんてなかったからです。


でも思い返すと、あまり自覚できていなかったその頃から、
決して健康なこころの状態ではなかったのだと、今ではよく理解できます。

なぜそう思えるか、その理由の一つは、
主人が当時教えてくれたことにあります。


「最近、夜、寝言で、何だかいつも“怒ってるよ”」

ある休日、夫婦で朝食を摂っていた時、何気なくこんなことを言われました。

「え、そう?何だろう・・・。
怒ってるような夢見た記憶もないし・・・。
ホントにそんなにしょっちゅう、怒ってる?」

主人にそんな話を切り出されても、当の私自身、
キツネにつままれたようなもので、
なぜ寝言でそんなに怒っているのか、よく分かりませんでした。

そして、

「日中、怒れずに我慢していることがあるから、
変わりに寝言で怒っているのかもね。」

なんて、冗談で言っていたのです。

でも、その冗談は、どうも“本当”だったのだと、
後になって分かりました。


当時の私は、“夢”や“無意識”についての知識などありませんでした。

その時交わされた夫婦の会話も、ただの“おしゃべり”であって、
それが“意味ある”ことだったなんて、思いもしませんでした。


だけど、今になって考えてみると、睡眠時、意識が弱まり、
変わりに無意識が表出しやすくなっている時に、
そこで私は「怒っていた」のだと、自分なりに納得できました。

意識がなく、記憶もない眠りのときに、
私の無意識はそこに押しやられていた怒りを表現していたのだと・・・。


自我(意識)では、“理不尽さ”に、自分がどこまで怒りを感じていたかも、
よく分かっていませんでした。

ただ、辛くてもとにかく我慢している。当時はそんな状態でした。

でも、そこには確実に“怒り”があって、
それはきちんと私の意識に感じ取られないまま(表現なんてもってのほか!)、
そのまま無意識に押し込められていたようです。


今となっては、“寝言”でいくらかでもガス抜きをしてくれていて良かったと、
自分の無意識に感謝したいくらいです。
(主人には迷惑をかけましたが・・・(笑))

もし、ガス抜きをしてくれていなかったら、
目に見えて「不安定な状態」に陥ってしまっていたのかもしれません。



私はこの体験から、感情を抑圧することがどういうことなのかを、
少なからず理解できた気がしています。

また、“頭”で、道徳的態度にばかり固執することが、
自分の心の健康にとって果たして良いことなのか、
ということも、考えるようになりました。

そして、そういう視点で、ユング心理学を学ぶと、
その意味するところが、違和感なく「すーっ」と胸に入ってくるのです。

 
             “あなたの一押しが、更新の励みになります”
                人気ブログランキングへにほんブログ村メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ