先日、自身のコーチングセッション中に、マイコーチから、

「少し言ってもいいですか?もしかしたら、耳に痛いことかもしれませんが・・・」

と切り出されました。


その言葉に、当の私はというと、
マイコーチが、気を配ってこのように前置きしてくださった優しさを感じつつ、
でも真剣に、

「ぜひぜひ!耳に痛いこと、私大好きです!」

と答えました(笑)


私は、自分にとって「耳に痛いこと」を伝えてもらえるのは、本当に貴重なことだと思っています。

なぜって、耳に痛いことほど、自分にとって大きな気づきになるものはないからです。


自分が無意識に考えたくないと思っていることや、思わず取っている(滑稽な)行動などについて、

よく見えているのは、本人よりもその人を囲む周りの方たちです。


本人はそれに気づいていないけど、周りはよく知っている。

こういうことって、誰にも当てはまるのではないでしょうか。



カウンセラーやコーチは、スーパーバイザーやメンターコーチなどの、

いわゆる指導、援助的立場の方を、自身につけることが求められます。


人の話を聴かせていただく立場にあるからこそ、自分も話せる場をもっておく。

これは、とても大切なことです。

自分のクライアントさんへの一つの責任であるとも、私は感じています。



「自分自身」のこととなると、

「見えない、分からない」

というのは、人間である以上、カウンセラーやコーチも同じです。


そこを、

「自分は完全に自己理解できている」

とはっきり断言できる方がいるとしたら、それは少し怪しい・・・。


自己理解の難しさを、きちんと認識し、自覚しているからこそ、

「自己一致」できるようになってくるのです。

無意識の領域まで含めると、自己一致なんてはっきり言って出来るもんじゃありません。

(ここでいう自己一致とは、ロジャーズの唱えたものとは、意味合いが少し違います)


でも、それを目指すこと。

その行為自体に深い意味があり、そして、クライアントさんの話を

「ちゃんと正面から」

聴けるようになるのだと、私は思っています。



「耳に痛いこと」

でもそれが、自分のことを思っての言葉なら、これほど、有り難いものはありませんね。

痛いからこそ、本当の意味で気づけるのですから。
(“ぐさり”と来ないと、なかなか腑にまで落ちてこないものです)

そして、気づけるからこそ、より良く変えていけるようになるわけです。



あなたは、聞きづらいことに素直に耳を傾けられますか?

そして、それを言ってくれる方が、周りにいますか?


耳触りのいい言葉しか聞こえてこないのなら、

前進の歩みが少し緩くなっているかもしれません。


私たちカウンセラーやコーチは、クライアントさんの状態を見極めつつ、

時には、「痛いこと」を伝えるのも、大切な役割のひとつです。


***********************************************

昨日、ママ友に誘われて、クッキング。

そら豆のスープと、クッキーを作りました。

クッキーは、焼きあがりをすぐに、コーヒーといただきながら、おしゃべりに花を咲かせ、

スープは持ち帰って、夕飯のおかずに加えました

楽しいひとときでした♪

111 088    111 089


             “あなたの一押しが、更新の励みになります”
                人気ブログランキングへにほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ