心とこころを響かせて

ユング派の教育分析を受けるカウンセラーが、ユング心理学などを ベースに、 自分の考えや思いを書き綴っています。

心とこころを響かせて イメージ画像

更新情報

happiness in nature /Madalena Pestana 先日、コーチングを縁に知り合った方から、「新年のご挨拶を兼ねて」と、ご丁寧にお電話をいただきました。昨年、初めてお会いしたときに、ご自身がその時に抱えておられる心配事について
『悩みは自分が作っている』の画像

明けましておめでとうございます。2011年の幕が開けましたね。さて、今年最初の記事も、昨年からの続き。「ハートキャッチプリキュア」の“自分の影との対決”の物語をベースに、こころの成長について触れてみます。(「自分の暗い面」、「新しい自分へと変わるために 1」
『新しい自分へと変わるために 2』の画像

(記事とは関係ありませんが、今日はクリスマスイブですね)「ハートキャッチプリキュア」の“自分の影との対決”の物語。前回記事からの続きです。4人それぞれが、もう一人の影の自分から、ネガティブだと感じていた自分自身、そしてそれは過去の自分であり、もう関係がない
『新しい自分へと変わるために 1』の画像

  「書きたいな」と思いながら、既に2ヶ月ほどが経ってしまったのですが、今日は、休日に子どもたちが見ていたあるテレビアニメを題材にしてみようと思います。そのアニメとは、「ハートキャッチプリキュア」です。私が興味をひかれた第37、38話の放送。子どもたちにと
『自分の暗い面』の画像

昨日、スウェーデンから一時帰国されていた佳代先生に、教育分析を受けてきました。普段のセッションはスカイプを利用しており、音声だけではなく、お互いの顔も見ながら話ができるので、分析は確実に進んでいると実感しているのですが、でもやはり、久しぶりの対面セッショ

先週の土曜日、日帰りで出雲大社の神在祭に行ってきました。ここ数年は毎年、神在祭に家族で詣でているのですが、日帰りは今年が初めて。昨年までは、前泊して朝から参拝していたせいか、休日でもそれほど人が混んでおらず、比較的ゆっくりと参拝できていたのですが、今回、
『出雲大社神在祭』の画像

Rose-rise./Sharon Mollerus 今日のタイトル、書き始めは今までの流れから、『共時性3』としていたのですが、最終的に変えました。理由は読んでいただければ分かるかな・・・。ということで、テーマは今日も『共時性』です。まず
『クライエントさんとのご縁』の画像

共時性1 の記事からあっという間にひと月が経ってしまいました・・・。前回は、ユングのシンクロニシティのエピソードをご紹介しましたが、今日は、日本人として、ユング派精神分析家の資格を初めて取得された、河合隼雄先生の体験談です。〜スイスのユング研究所では、も
『共時性 2』の画像

今日、対面カウンセリングを受けに、横浜からクライアントさんが来られました。わざわざ時間を割いてお越しになったことを思うと、改めて考えさせられることがありました。今までにも、県外からお越しになった方は他にもいらっしゃいましたし、もちろん県内のクライアントさ

Under the sea /  ・・・前回記事から、かなり間が空いてしまいました。私はユング派の教育分析(夢分析)を受けていますが、自分の無意識に意識を向けることは、実はかなりの量の心的エネルギーを使います。心的エネルギーは一定なので、その分、他に向けるエネルギーが足
『夢分析を受けていると・・・』の画像

blue-gold beetle on leaf / Austin Turner 前々回の記事 を始め、今までに幾度か、「シンクロニシティー(共時性)」について取り上げてきましたが、ユングは勿論のこと、日本人のユング派の方の著書にも、シンクロニシティーの
『共時性 1』の画像

今日はプライベートな話題です。連休の初日、岡山県の蒜山高原に行ってきました。蒜山高原HP蒜山には、前々から行ってみたいと思っていたのですが、今回ようやく“思いきる”ことができ、家族で、dayキャンプグッズを車に積み込み、いざ出発 家を出る時刻が、予定よりかなり
『秋キャンプ』の画像

先週から、子どもたちが相次いで病気になってしまいました。既に回復し、二人揃って登園できるようになりましたが、今夏最後のプールに行く予定もながれてしまい、親としても少し残念でした。それにしても、子どもたちが病気になる少し前、「そういえばここ数カ月、2人とも
『セミの抜け殻』の画像

前回の記事まで数回にわたり、「ゲゲゲの女房」を題材にしてきました。他にも書きたい“材料”はあるし、そろそろ“ゲゲゲ”は卒業を・・・、と思っていたのですが、今日も援用させていただくことにしました。やはり、私にとっては“引っかかる”点が多いようです(笑)3週間
『「無為に過ごす」』の画像

(今年は、家族で私だけ見に行けなかった花火大会)ブログup、少し間が空いてしまいました。みなさんは、お盆をどのように過ごされましたか?私は、いわゆる“お盆休み”に入る前に、思いもよらぬことで腰を痛めてしまい、家族で遊びに行く予定が流れてしまいました。とはい
『目には見えないもの』の画像

前回の記事で、「ゲゲゲの女房」について書きましたが、今日も引き続きです。私が、水木しげるさんの奥さま“武良布枝さん”の自伝本、『ゲゲゲの女房』を購入したのは、テレビドラマを観始めて1週間も経たないうちでした。そして、本が届くなり、一気に読み終えてしまいま

ゲゲゲの女房著者:武良布枝販売元:実業之日本社発売日:2008-03-07おすすめ度:クチコミを見る「ゲゲゲの女房」とは、ご存じのとおり、今、NHKの朝の連続テレビ小説で放映されているドラマのタイトルです。私は2週間ほど前から、あることがきっかけで(これも私の“無意

前回に引き続き、今日も、私が過去に見たある夢をご紹介したいと思います。『 (前略)私は、大きな円筒形の建物の中に来ていた。そこの壁は、一面がガラス張りで、外は360度広大な海が広がっている。そして、その建物内の底は、低い水位の海水に浸かった海底の土で、外

私が、ユング派の教育分析(夢分析)を受け始めて、もう数年が経ちますが、後から、以前の夢日誌を読み返してみると、「なるほどー」と思うことが度々あります。夢を見た当時には、その意味することがよく掴み取れていなかったものでも、時間が経過し、現実に“外側”(そし

今日はお料理の話題です。友だちに誘われて、月に一度のパンづくり教室に通い始めました。教室では、パンだけではなく、副食も一緒につくります。今日のメニューは、・黒ごまパン・フルーツピザ・夏野菜の冷製スープ・きゅうりのキュウチャン(トップの写真です)出来上がっ
『パンづくり』の画像

↑このページのトップヘ